色彩の下

uchiuminfo.exblog.jp
ブログトップ
2018年 07月 10日

void+での展覧会、+Graphysmに参加いたします。

7月20日(金)より以下の展覧会に参加いたします。
「+Graphysm」とは、商業施設やオフィスなどの空間計画に アートを導入し、ブランド化する、一連のデザイン戦略です。
アートを先行にデザインをする試みで、大変興味深いです。
お時間ございましたらご高覧ください。

■タイトル:「+Graphysm:空間におけるアートの存在と、その連動。」
■会期:2018年7月20日(金)~8月31日(金)日・月・祝日休
14:00〜19:00 入場無料
■会場:void+(〒107-0062 東京都港区南青山3-16-14-1F) http://www.voidplus.jp
■主催:Azone+Associates
■参加作家:宮嶋葉一、袴田京太朗、内海聖史
■グラフィックデザイン:Azone+Associates
■会場構成:水谷壮市(水谷壮市デザイン事務所)






+Graphysm

空間におけるアートの存在と、その連動。


©Yoichi Miyajima / void+

void+では「+Graphysm:空間におけるアートの存在と、その連動。」展を開催いたします。本展は、void+の運営母体であるAzone+Associatesが、これまでノンプロフィットギャラリーvoid+を運営してきた実績と、デザインスタジオ事業のエッセンスを融合させた新しいビジネスモデルを提示、展覧会という形に昇華した、アート展の枠に留まらないアートの新しい表現を提案する機会となります。

©Kyotaro Hakamata / void+

「+Graphysm:空間におけるアートの存在と、その連動。」について
いま現代アートが、趣味としての鑑賞や収集を超えて、企業の戦略や人材育成にもたらす効果に注目が集まっています。Azone+Associatesはこれまでグラフィックデザインを基軸に、企業やブランドのブランディングと、現代アートのギャラリーの企画運営を並行して行ない、デザインとアート両面の実績を重ねてきました。

+Graphysmプロジェクトは、アートがもつ潜在的な「創造性」「革新性」「求心力」といった価値をオフィスや商業空間にリアルに生かすこと、さらにその可能性をデザインの力で引き出し、グラフィックに展開することを通して、まったく新しいブランディングを手がけます。

そのプロセスは、キュレーターや批評家などプロフェッショナルの目を通してアーティストを厳選し、彼らの創作意図やヴィジョン、アートが存在する空間におのずと宿る精神性やエナジーを深く理解することからはじまります。
同時に、クライアントの企業理念やフィロソフィー、ブランドのコンセプトや世界観を的確にとらえ、咀嚼します。

また、グラフィック的アプローチとして、ブランディングの根幹となるキーコンセプトを視覚的に体現するため、アートと空間とを連動させる媒介ともなるロゴ・マークやサインシステム、アメニティなどをデザインします。

+Graphysmは、現代アートをデザイン戦略のコアに象徴的に位置づけることで、ブランドへの理解と共感、そして内外のマネジメントの共通認識を深化させることを目指します。
©Satoshi Uchiumi / void+

展示について
本展では、会場内を「外=Entrance」「中=Corridor」「内=Lounge」として3つのエリアに分割し、3人のアーティストの作品を配置します。そして、それらの作品を背景とした空間のコンセプトを、ロゴマークやリーフレットなどに展開します。3つの異なるアートのあるエリアを通して、空間におけるアートの価値と、アートの存在を増幅させるグラフィックデザインの可能性を感じていただければと思います。

展覧会概要
■タイトル:「+Graphysm:空間におけるアートの存在と、その連動。」
■会期:2018年7月20日(金)~8月31日(金)日・月・祝日休
■主催:Azone+Associates
■企画監修:void+

■参加作家:宮嶋葉一、袴田京太朗、内海聖史
■グラフィックデザイン:Azone+Associates
■会場構成:水谷壮市(水谷壮市デザイン事務所)

■会場:void+(〒107-0062 東京都港区南青山3-16-14-1F) http://www.voidplus.jp
■入場無料
■広報協力:YN Associates

参加アーティスト
宮嶋葉一 Yoichi MIYAJIMA
画家。具体的な対象をモティーフに簡略化された線と強いストローク、対象に意味を持たせないスタイルが特徴。簡素化された構造と内包するユーモアのセンスが楽しめる作品を一貫して制作。

1954 大阪府に生まれる

1980 東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻卒業

1982 東京藝術大学美術研究科大学院油画修士課程修了

1988-1998 デユッセルドルフ市(ドイツ)に滞在

主な個展・グループ展 
2015-16 個展「宮嶋葉一展」(void+、東京)
2010 「
カオスモス09 作家はつぶやく」(佐倉市立美術館、千葉)
2009 個展(Wada Fine Arts、東京)
2008 個展(KIDO press,inc、東京)
2006 「LVRFI」(Studio ONO、神奈川)
2005 「D/J Brand」(東京藝術大学大学美術館、東京)
2004 「版の記憶 現代/未来」(東京藝術大学陳列館、東京)


パブリックコレクション及びコミッションワーク
カスヤの森現代美術館(神奈川)


袴田京太朗 Kyotaro Hakamata
彫刻家。伝統的な形式の彫刻から距離を取りながら、空洞性、複製性などのネガティブな要素を掘り下げることで彫刻の本質に迫る。近年では、色とりどりのアクリル板を積み重ね、特異な形態を生み出すシリーズで注目を集めている。

1963 静岡県生まれ
1983 武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒業
1994-95 文化庁芸術家在外研修員として渡米
1996-97 五島記念文化賞美術新人賞受賞により、チベット、他に滞在
2012 第22回タカシマヤ文化基金タカシマヤ美術賞
 

主な個展・グループ展
2016 個展 袴田京太朗「悲劇、その他」MA2ギャラリー(東京)
   「つらなるかたち」清津倉庫美術館(新潟)

2014 個展「袴田京太朗展 -人と煙、その他 -」(平塚市美術館、神奈川)
2013 「ミニマル/ポストミニマル」(宇都宮美術館、栃木)
    「物質と彫刻」東京藝術大学大学美術館陳列館(東京)
2011 個展「袴田京太朗 人と煙と消えるかたち」 (静岡市美術館)

2010 「椿会展 2010 Trans-Figurative」(資生堂ギャラリー、東京)

パブリックコレクション及びコミッションワーク
愛知県美術館(愛知)宇都宮美術館(栃木)横浜美術館(神奈川)資生堂アートハウス(静岡)ファーレ立川(東京)
インターコンチネンタルホテル大阪(大阪)コンラッド東京(東京)



内海 聖史 Satoshi UCHIUMI


画家。精緻で美しい色彩のモチーフを積み重ね、大小様々な色面を編み上げた作品で知られる。その展開は単なる
平面にとどまらず、支持体の組み合わせで空間を縦横に再構成し、身体との思いがけない関係性を感じさせる。


1977 茨城県生まれ
2002 多摩美術大学大学院美術研究科修了
2003 第6回 資生堂ADSP選出 第18回ホルベインスカラシップ奨学生 第6回岡本太郎現代美術賞入選
2007 第1回shiseido art egg入選 神山アーティストインレジデンス


主な個展・グループ展
2017 個展「mimic paintings」六本木ヒルズA/Dギャラリー(東京)
2016 「茨城県北芸術祭」(茨城県常陸大宮市、常陸太田市)
2010 「panorama - すべてを見ながら、見えていない私たちへ-」(京都芸術センター
)
    「カイガノカイキ」(足利市立美術館、栃木)

2008 「風景ルルル~わたしのソトガワとのかかわり方~」(静岡県立美術館)

    「屋上庭園」(東京都現代美術館)
2004 MOTアニュアル2004「私はどこから来たのか/そしてどこへ行くのか」(東京都現代美術館)
2003 第6回岡本太郎記念現代芸術大賞展(川崎市岡本太郎美術館)



パブリックコレクション及びコミッションワーク
社会医療法人愛仁会高槻病院、虎ノ門ヒルズ(東京都/虎ノ門)、パレスホテル東京/ホテル棟・オフィス棟(東京都/丸の内)日本赤十字社 足利赤十字病院(栃木県/足利市)、深川ギャザリア/りそな銀行東京本社(木場)ほか

<本展覧会のお問い合せ>

void+

107-0062東京都港区南青山3-16-14-1F

tel: 03-5411-0080

fax: 03-5411-0053

email:info@voidplus.jp



[PR]

# by uchiumiinfo | 2018-07-10 00:00 | 展覧会・情報・News
2018年 06月 10日

帝京大学医学部付属溝口病院 ギャラリーサイトオープン

昨年2017年5月に移転し開業された帝京大学医学部付属溝口病院。
そのエントランスに作品を設置していただいたのですが、それ以外にも院内にアート作品が多く設置されています。
この度、帝京大学医学部付属溝口病院のホームページにてギャラリーサイトがオープンされました。
昨今の病院は、場所にもよりますがコンビニやカフェを併設することで、集う場所や地域のコミュニティ的な役割をもつという側面も現れています。
病院がアート作品を見る場となる可能性は否定できません。
病気や怪我を回復させる過程で、映画、文学、美術など文化に触れたいという欲求は少なからずあるように思います。
それなので、病院の一角に図書館とか、病院の中に映画館とかあり得る様な気がします。
エントランスの作品は自由に鑑賞できますので、ご通院される方の迷惑にならない範囲でご鑑賞ください。
f0082794_01023203.jpg
ふり仰ぐ色 h4060×w4260×80mm 2016年 内海聖史 ©UCHIUMI SATOSHI 撮影:加藤健

[PR]

# by uchiumiinfo | 2018-06-10 00:00
2018年 03月 17日

代官山T-SITE Anjin cafe 特別展示「さくらさく」展

以下展覧会に参加いたします。
小作品を1点展示します。
代官山蔦屋いいですよね。


特別展示「さくらさく」展

会期:2018年3月19日~6月末

会場:代官山T-SITE 2号館 2階 anjin café
展示作品の販売もございます。

展示作家:
船田玉樹、大巻伸嗣、阪本トクロウ、内海聖史、康夏奈、西村陽一郎、栗山斉、東端唯、西澤利高、小野川直樹、寺井陽子、小松宏誠、Menache Kadisshman、岡林まゆみ

f0082794_21460316.jpg


[PR]

# by uchiumiinfo | 2018-03-17 00:00 | 展覧会・情報・News
2018年 03月 06日

2016年度 ふるさと納税 納品

2016年度のふるさと納税返礼品として、絵画作品を納品してきました。
個人宅の玄関から見える壁面です。
空間の印象がガラッと変わったと思います。
庭の河津桜と色彩が響いています。
f0082794_23213818.jpg
「納税と寄附と価値と絵画」という制作が一つ一つ前に進んで嬉しく思います。
絵画を初めて人に見せる時はいつでも緊張します。
年内にもう一点設置します。



[PR]

# by uchiumiinfo | 2018-03-06 00:00
2018年 02月 12日

MIXJAMは見た29

展覧会のご案内
MIXJAMは見た29
商品を数点出品しています。
お近くの方はぜひご高覧ください。
f0082794_173269.jpg
Mixjamは見た29
2018年2月12日(月)~2月18日(日)
開館時間は12日13:00~、以後9:00~17:00、18日は15:00まで
※13日は休館。
※18日13:30よりギャラリートーク開催。
古河街角美術館
茨城県古河市中央町2-6-60
JR宇都宮線古河駅より徒歩10分

[PR]

# by uchiumiinfo | 2018-02-12 00:00 | 展覧会・情報・News
2018年 02月 09日

OMOTESANDO HILLS ART WEEK 2018

表参道ヒルズのアート企画
OMOTESANDO HILLS ART WEEK 2018
の一環で、表参道ヒルズ本館B3Fのマークスタイルトーキョーにて
作品を展示販売しています。

ご高覧いただけましたら幸いです。
OMOTESANDO HILLS ART WEEK 2018
Gateway to the ART
2/9(Fri)~2/18(Sun) 11:00~21:00
※2/12(Mon)、2/18(Sun)~20:00
MARK’STYLE TOKYO(マークスタイル トーキョー)
/表参道ヒルズ 本館B3F/Tel.03-3478-5337

[PR]

# by uchiumiinfo | 2018-02-09 00:00
2018年 01月 17日

mimic paintings 終了

内海聖史 個展「mimic paintings」終了いたしました。
ご高覧いただいた皆様、気にかけていただいた皆様ありがとうございます。
発表の機会がいただけて、制作が続けられる事に感謝いたします。
f0082794_15082471.jpg
mimis paintings(波型) 撮影:加藤健 ©UCHIUMI SATOSHI
制作ってやってみないと分からない事が沢山ありますね。
また良い制作が出来るよう努力します。


[PR]

# by uchiumiinfo | 2018-01-17 00:00
2018年 01月 12日

「描く」と「塗る」について

絵画を制作する際には「描く」という作業をします。
しかし、ある部分を注意して描く以外の、あまり考えなく絵具をのせる部分は「塗る」に近い感覚で作業する事があります。
先日、TVで子どもが木の絵を描いているシーンが映ったのですが、輪郭は「描く」に準ずるクレヨンの動きで造られましたが、その輪郭の中身は「塗る」に準ずる感覚で埋められていました。
僕の作品は比較的輪郭(境界)の繰り返しで制作されています。
絵具とキャンバスの境界や色彩同士の境界が入り組んでいることと、運筆を引きずらないので「塗る」という行動は比較的少ない作業です。
が、「描く」だけでは進まない場所を「塗る」に近い感覚で埋めてゆき打開する場面もあります。
描いていて手詰まりなのだが、作品は完成まで遠い時、頭の中で「塗る」のモードに変えて制作しているような気がします。
最近制作している変形したパネルは特に、自分が四角形を構成するのに持つ感覚では対応出来ない場面が発生する事があるので、ある部分「塗る」のようにドライに制作を押し進めて、そこから乱れた画面を精査して描くというシーンがあるように思います。
今回の波型に展示した作品は、「描く」を結構詰め込んで制作しているのですが、そこで造られた画面も波型にした事で全体の20%近くが肉眼で観られなくなっています。
そうすることで、「描く」という行為で造られた画面が破綻するように思うのですが、反面、絵画作品は展示空間にあると制作中の画面内を見るロジックとは別に空間内で観るというロジックが強く働くので何も問題無いとも言えるなと思います。
そうなると、自分がこだわっている「描く」という行為がどこかに置いてゆかれるような気持ちもして「描く」こととは何なのか不思議な気持ちになります。
この感じは、別に寂しいという気持ちではなく、なんだか興味深いなという感じです。
絵画って面白いですね。
個展はあと3日。今週末までです。
f0082794_14521213.jpg
内海聖史 個展 「mimic paintings」
六本木ヒルズA/Dギャラリー
https://art-view.roppongihills.com/jp/shop/adgallery/700/index.html
2017年12月15日(金)〜2018年1月14日(日)
12:00~20:00 会期中無休

[PR]

# by uchiumiinfo | 2018-01-12 00:00
2018年 01月 07日

mimic paintings あと1週間

擬態する絵画。mimic paintings というタイトルで展覧会をしているが、これはシェイプドキャンバスを違和感少なく認識する為の導入ともとれる。
絵画自体の道理と、その絵画を認識する身体側の道理は異なる事が多い。
絵画自体の道理であれば、絵画は平らに展示されるべきなのかもしれないが、身体は平滑な面をコピー機のように端から端まで認識することは困難で、もしかしたら今回展示したように波打つように認識しているという感覚がある。
個展終了まであと1週間です。
f0082794_9192317.jpg
内海聖史 個展 「mimic paintings」
六本木ヒルズA/Dギャラリー
https://art-view.roppongihills.com/jp/shop/adgallery/700/index.html
2017年12月15日(金)〜2018年1月14日(日)
12:00~20:00 会期中無休

[PR]

# by uchiumiinfo | 2018-01-07 00:00
2017年 12月 27日

圧縮

絵画体験を圧縮する。
絵画によっては、その内容や物語性で別の空間を見せるとか、描いているものの雄大さでその作品の体験を絵画外のものと結びつけるようなものも多いのだが、僕の作品はそのタイプではなく、絵画とその展示空間を同時に観るような感じになる。
そうすると、絵画によって出来る空間の量が展示空間の総量と近くなる。
そうなると絵画経験としての空間量がおのずと決まるのであるが、それでは体感する絵画の量が乏しく感じる空間の場合はその空間内で絵画経験の総量を上げる必要があり、絵画の体験自体を圧縮して入れこむという可能性があるかなと思う。
波型の絵画はそれに対する1解答と考えられるかもしれない。

[PR]

# by uchiumiinfo | 2017-12-27 00:00