人気ブログランキング |

色彩の下

uchiuminfo.exblog.jp
ブログトップ

<   2020年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2020年 05月 16日

PIGMENT ART Biz vol.2 〜これからのアーティストのサバイブ術〜

以下トークイベントに参加します。

オンライントークセッション〜これからのアーティストのサバイブ術〜

近年、従来のアートマーケットに依存せず、新しいビジネスモデルを創り出すアーティストが増えています。また、ビジネスパーソンの間においても、仕事の閉塞感を打開し、一歩踏み出すためのツールとしてアートの発想を取り入れる「アート・シンキング」が大変な注目を集めています。「PIGMENT ART Biz」はシリーズイベントとして開催するもので、毎回、各界で活躍するキーパーソンを招聘し、「アート」と「ビジネス」を横断的に思考する可能性を探ります。

第2弾のゲストには、個展やグループ展を数多く開催し、企業とのコミッションワークやふるさと納税制度による行政との連携も精力的におこなう画家の内海聖史氏と、『ハウ・トゥ アート・シンキング 閉塞感を打ち破る自分起点の思考法』著者の若宮和男氏を迎え、目まぐるしいスピードで文化的価値観がアップデートされる時代における「これからの生き方」についてお話しいただきます。
本イベントは、アート界で羽ばたく未来のアーティスト、新しい思考を取り入れたいビジネスパーソン、双方にとってのヒントを提供すべく、今後展開します。

【開催概要】
タイトル:PIGMENT ART Biz vol.2 〜これからのアーティストのサバイブ術〜
登 壇 者 :内海聖史(画家)、若宮和男(uni'que代表/ランサーズタレント社員/コアバリューファシリテーター/アート思考カタリスト)
日 時:2020 年 5月 29 日(金)19:00~20:10(予定)
会 場:オンライン配信(WEB会議システム「Zoom」にて配信予定)
定 員:50名
料 金:無料
申込方法: イベントページ(https://pigment.tokyo/ja/workshop/detail?id=322)よりお申し込みください。
PIGMENT ART Biz vol.2 〜これからのアーティストのサバイブ術〜_f0082794_17112748.jpg
【登壇者プロフィール】
■内海聖史(うちうみ さとし)
1977年茨城県生まれ。2002年多摩美術大学大学院 美術研究科修了。個展やグループ展を数多く開催。近年も「moonwalk」(六本木ヒルズ A/ Dギャラリー、2015年)、「KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭」 (常陸大宮市、常陸太田市、2016年)、「遠くの絵画」(YCC ヨコハマ創造都市センター、2017年)、「やわらかな絵画」(上野の森美術館ギャラリー、2019年)などに参加。企業とのコミッションワークや、ふるさと納税制度での返礼品として絵画提供も多数行う。2020年12月と2021年2月に個展を予定。

■若宮和男(わかみや かずお)
『ハウ・トゥ アート・シンキング 閉塞感を打ち破る自分起点の思考法』著者。uni'que代表/ランサーズタレント社員/コアバリューファシリテーター/アート思考カタリスト。建築士としてキャリアをスタート。その後東京大学にてアート研究者となる。2006年モバイルインターネットに可能性を感じIT業界に転身。NTTドコモ、DeNAにて複数の新規事業を立ち上げる。2017年、女性主体の事業をつくるスタートアップとしてuni'queを創業。「全員複業」という新しい形で事業を成長させ、東洋経済「すごいベンチャー100」やバンダイナムコアクセラレーターにも選出。ビジネスに限らず、アートや教育など領域を超えて活動。2019年『ハウ・トゥ・アート・シンキング』を出版。日経新聞COMEMOのキーオピニオンリーダーとして「アート思考」に関する発信・イベントプロデュースも行う。


by uchiumiinfo | 2020-05-16 17:15