色彩の下

uchiuminfo.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2019年 01月 31日

2019年 現在の展示予定

現在の展覧会予定

込み入っているのでメモ書き程度に記載しておきます。


●グループ展

2019/2/11(月)-17(日)

ミックスジャムはみた30/古河街角美術館

http://mixjam2006.seesaa.net/article/463905557.html?1548760637

●アートフェア

2019/3/7(木)-10(日)

アートフェア東京2019に三越ブースにて展示いたします。

●個展
2019/3/14(木)-30(土)

上野の森美術館ギャラリー(voca展2019と同時開催)

●グループ展
2019/3/22(金)-4/13(土)
3人展/ギャラリエアンドウ


by uchiumiinfo | 2019-01-31 16:50 | 展覧会・情報・News
2019年 01月 21日

VOCA展と同時開催をしている上野の森美術館ギャラリーの企画展

2007年より、上野の森美術館ギャラリーでは、VOCA展と同時期に過去にVOCA展に出品した作家から一人を選出して個展を開催している。
具体的な企画名は無いようなのだが、それをまとめているアーカイブが無いので作成してみる。
最初の文章は第一回の田中功起さんの個展の際に書かれた趣旨で、現在はそれが広く捉えられていると感じています。

展覧会趣旨(2007年より)
昨年夏、上野の森美術館は本館の隣に別館ギャラリーを新しくオープンしました。ここでは、小粒でも、今までできなかったような企画を開催したいと考えます。毎年春のVOCA展の時期には、なにかしら関連した個性的な企画をと考え、平面作品をテーマとしたVOCA展の過去の出品者のなかから、彫刻、インスタレーション、映像作品など、おもに平面以外のメディアで活躍するアーティストを選んで小さい個展を開催することにしました。「平面」の枠組みをはずした制作をVOCAの展示と対照させることにより、平面というメディアの可能性や、それをテーマにする展覧会の意義を逆に照らし出し、とらえ直す機会としたい。

VOCA展と同時開催をしている上野の森美術館ギャラリーの企画展アーカイブ
2007 第1回 田中功起ショー「いままでのこと、さいきんのこと、これからのこと」2003年 入選
2008 加藤泉  「The Riverhead」2002年入選
2009 平町公  「大谷の図」1999年 奨励賞
2010 照屋勇賢 「ひいおばあさんはUSA」2002年 奨励賞
2011 日野之彦 「そこにあるもの」2005年 voca賞
2012 東島毅  「遮るのものないことについて- another」 1996年 voca賞
2013 VOCA20周年特別企画 「VOCAの20年1994-2012」展
2014 高柳恵里  <油断> 1999年 奨励賞
2015 小池隆英 「New Works」1997年 voca賞
2016 田中信行 「イメージの皮膚」 1995年 入選
2017 金氏撤平 「記号は記号ではない」2007年 入選
2018 津上みゆき「時をみる」 2003年 voca賞
2019 内海聖史 「やわらかな絵画」 2005年 入選




by uchiumiinfo | 2019-01-21 00:00 | 美術アーカイブ