人気ブログランキング |

色彩の下

uchiuminfo.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2013年 04月 21日

疑心確信

弟と荷物運び
f0082794_15384423.jpg

僕には絵を信じていない時代が確実にあった。
最初から絵に限らず何かしらを信じているという事はあまりない。(もしかしたら家族の事とかは妄信するのかもしれないけれど。)
今はとりあえず絵画を信じていて、でもどちらの経験も僕のものだから、信じていない自分を確実にかなりのサイズとして持っている。
そんな自分に向けて、自分が突き刺さってしまうような、えぐられてしまうような、信じざるをえないような作品をつくるというのはある指針になっている。

by uchiumiinfo | 2013-04-21 23:59
2013年 04月 20日

共有

感覚としてシェアをする感じ
f0082794_136022.jpg

荷物運び。

by uchiumiinfo | 2013-04-20 23:59
2013年 04月 19日

封入

作品に込める衝動と批判
f0082794_1322229.jpg

弟と荷物運び。

by uchiumiinfo | 2013-04-19 23:59
2013年 04月 18日

無駄無駄

無駄さを摩耗させない、削ぎ落とさない制作。
かつその無駄さがルーチンにならない制作。
f0082794_12593888.jpg

・町田市立国際版画美術館:「空想の建築 -ピラネージから野又穫へ-」
・ギンザ・グラフィック・ギャラリー:「TDC展 2013」
・資生堂ギャラリー:「椿会展 2013 - 初心 - 」

by uchiumiinfo | 2013-04-18 23:59
2013年 04月 17日

努力目的

玉砕する前提で努力して、成功するビジョンを持っていないということはないだろうか?
f0082794_12531381.jpg


by uchiumiinfo | 2013-04-17 23:59
2013年 04月 16日

なんらかの影響

骨は元来物質である。この物質が放射能のような形で人間に対して何らかの影響を与えるなら、それが日本人にだけ影響を与えるとは考えられない。従ってこの影響は非物質的な物で、人骨、髑髏という物質が日本人には何らかの心理的影響を与え、その影響は身体的に病状として表われるほど強かったが、一方ユダヤ人には、何らの心理的影響も与えなかった、と見るべきである。おそらくこれが「空気の基本型」である。 
ー 山本七平 「空気」の研究
f0082794_12502751.jpg

スタッフ制作。

by uchiumiinfo | 2013-04-16 23:59
2013年 04月 15日

進んでいる幻想

スタッフ制作。
f0082794_12473641.jpg

プランとか事務作業とかメールとか、イロイロやる事が沢山あって、急がしいのだが、そんな事をしている時に、「何かしらをやっているのだけから、制作が進んでいる」と感じるのはただの錯覚で、絵を触らないと結局何も進まない。
もちろんこの文章も。

by uchiumiinfo | 2013-04-15 23:59
2013年 04月 14日

世界は満ち足りている。
そして世界は完成していない。
f0082794_1243477.jpg

・川村記念美術館:「BLACKS ルイーズ・ニーヴェルスン|アド・ラインハート|杉本博司」展

by uchiumiinfo | 2013-04-14 23:59
2013年 04月 13日

シバリ

知識を得ることによって知識が無いときの状況がわからなくなるという現象は「Curse of Knowledge」(知識の呪縛)と呼ばれています。
f0082794_12395512.jpg

片付け。
桜の画像は季節外れ。

by uchiumiinfo | 2013-04-13 23:59
2013年 04月 12日

揺らぐ

作品を見る人は作品に何もなくてもいいけど、作る方は現実だから悲しんだり憂いたりしてしまう。
f0082794_12152125.jpg

片付け。

by uchiumiinfo | 2013-04-12 23:59