人気ブログランキング |

色彩の下

uchiuminfo.exblog.jp
ブログトップ

2013年 02月 05日 ( 1 )


2013年 02月 05日

21

“私が個人的に一番「これは相容れないかも・・・」と思ったのは、「勝ちを目指す事にそれほど価値を感じていない人」が同時に「長考に反対する」ケースだ。これは私と全く逆の考え方であり、実際にプレイスタイルも180度変わってくる。
思うに、長考と勝利を目指すという行為は対になっている。勝ちを目指さない人は、長考する必要がない。だから、サクサク行く。対する私は勝ちを目指してい るので、どうしても考えこむシーンが増える。すると、「そんなに考えこまなくてもいいじゃないか、サクサク行こうよ」となり、こちらが「うーん、そうは 言っても、勝ちたいので・・・」と答え、そこへさらに「えー、そんなに勝ちたい?私はそんなに勝ちに拘ってないけどね」となる。これは二重の意味で否定さ れており、こちらが何を言っても理解してもらえそうにないほどの断絶を感じる”

ゲームにおける「長考」について長考してみた - 部屋とボードゲームと私と酒と泪と男と女

この場合、揺るがず考え続けないといけないのだろうけれど、正直場合によっては難しいし、冷静に判断出来なくなる。
f0082794_12562078.jpg

風邪を引いて、風邪用のドリンク剤を飲む。

by uchiumiinfo | 2013-02-05 23:59