色彩の下

uchiuminfo.exblog.jp
ブログトップ

2008年 06月 25日 ( 1 )


2008年 06月 25日

筆跡→構造

僕は点を重ねることで描いているので、そのシステムだけ踏襲すればどんな状況でも、どんな大きさでも大丈夫な構造に見えるけれど、意外にそう上手くゆかない。
クサマヤヨイの網ように埋め尽くすわけではないので、どうしても関係性が生まれてしまうし(クサマ氏にも関係性はあると思うけど)、タッチの種類によりサイズの限定や構図の限定が生まれてしまう。
現在の中品を描いている状況で感じるのは、やはりある程度サイズの大きな作品に僕のタッチが向いている事を再確認できた。
ただ、中品を描くことで得るものも多く、根気強く描きたいと思う。
f0082794_1310294.jpg

母と叔母をつれて美術館。
[PR]

by uchiumiinfo | 2008-06-25 23:59