人気ブログランキング |

色彩の下

uchiuminfo.exblog.jp
ブログトップ

2008年 04月 18日 ( 1 )


2008年 04月 18日

一会

当たり前だが、現在過去未来、脈々と産まれている美術作品はほとんど観る事が出来ない。
そして、今まで観た作品はほとんどその一回しか目に触れる事は無い。
2度3度、もしくは何度も鑑賞機会が得られた作品と言うのは本当に珍しい存在だと思う。
意外と常設や巡回展にて数度目にする作品があるが、それは極めて稀なケースになる。
だから、観たいと思った作品はなるべく足を運びたい。
もちろん限界はあるけれど。

自分の作品ですら、同じ作品を数度展示、鑑賞する機会はあまり得られない。
何度も観られると嬉しい。

作品を購入する事は、その作品を恒常的に鑑賞機会を得ることになる。
そして、それが継続されると、個人の生を超えて鑑賞機会を造る事になる。

今、博物館等で眼にしている作品一つ一つが意外と壮大な時間軸を持っている。
その一端は個々人が担っている。

by uchiumiinfo | 2008-04-18 23:59