人気ブログランキング |

色彩の下

uchiuminfo.exblog.jp
ブログトップ

2008年 02月 14日 ( 1 )


2008年 02月 14日

人型

静岡県立美術館
「ガンダーラ美術とバーミヤン遺跡」
12月28日(金)~3月30日(日)
上品な人体像。
具体的に写す事ってその時代の理解力等も反映していると思うのだが、2~4世紀の人体像があんなにレベルが高いと、現在人体を追うことのハードルがいかに高いかを感じる。
ゴダイゴの人が展覧会音楽(?)を作曲していて脱力した。
ガンダーラ・・。

第一生命ギャラリー
手塚愛子展
MOTアニュアルの作品の様にだらんとしていれば、それは布であり、素材なのだが、パネルに張って絵画の形態をとってしまったら絵画として観てしまう。
布のデザイン(図像)も既成で無く特注オリジナルである以上、それについても言及される事になるし、そうなるべきだろう。
さらに、服を描いた絵画はどこに着地するのだろう?しなくても良いのだけれど。
しかし、バットを長く持って振って来る作家だと思うよ。

潜水服は蝶の夢を見る
ジュリアン・シュナーベル
シネカノン有楽町

by uchiumiinfo | 2008-02-14 23:59