色彩の下

uchiuminfo.exblog.jp
ブログトップ
2007年 06月 10日

主義

主義を越える(主義から一歩踏みだす)って何だろう?
「主義」って制作(行為)の前にあることだろうか?
数多ある制作を後天的に括ったものが主義であり、制作の目的ではない。
僕が「抽象表現主義を造りたい」と言って造っているのであれば、それを越える(踏み出す)という選択肢もあるとは思うが、制作が抽象的な形態を持っているだけであれば、それはその主義を踏襲しようとしている事にはならないと思うのだが。。
主義って越える物だろうか?
また後天的に行為を主義としてくくる事が有用だろうか?

「絵画として新しい表現にチャレンジする」って何だろう?
多分僕が寿司職人だったら、新しいオモシロ寿司を造るより、より質の高い寿司を造る事に腐心すると思う。
目新しい素材や目新しい技法(そんなものあるか?)によって生まれる明らかな「新しさ」よりも、ある質を追った時に個人差で生まれる差異の中に新しさの要素があるように思えてならない。
新しい物を取り入れないという意味ではなく。
[PR]

by uchiumiinfo | 2007-06-10 23:59


<< まとまって      換気 >>