人気ブログランキング |

色彩の下

uchiuminfo.exblog.jp
ブログトップ
2006年 04月 30日

折り返し

茨城県立近代美術館で山口勝弘展を観る。
常設の木村武山の杉戸絵がとても良かった。
上手。

今日で個展も折り返し。
日曜日だから遠方からいらして下さる方が多く、大変有りがたい。

何をイメージして描いているかという質問があるので回答。
僕自身何か対象があって描いているわけでは無い。
僕は絵の具という物自身が美しいと思っている。
しかし、色は関係性で美しくも鈍くもなる。隣り合う色、濃い色面と薄い色面、油彩面と布面、空間と絵画、色々な関係性の下絵の具が配置され、構図が産まれ絵画になる。
結果できあがった物が緑であれば、森や木々、青であれば海などの水に見えると言われるが、当然僕も完成作品をみてそれらを連想しはする。
それは作品を理解する為の最初の経験からの引用だと考えられる。
大きな面積の緑や青は森や水しか無いのである。
しかし、実際僕は自分が描く目の前の絵の具に魅了されて描いているのである。
絵の具と言う物は大変美しい。
それは、空や雲や森や海や滝や虫や岩や・・・に匹敵するほど美しいと思っている。
美しい絵の具が美しい関係性で画面に乗る事で美しい絵画が出来ないかと考えている。

by uchiumiinfo | 2006-04-30 23:50


<< CUTの鬼      絵の具の種類 >>