色彩の下

uchiuminfo.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 24日

システム

自分がやっている事だから信じている、という事はあるかもしれない。
しかしそれが、自分の現状がそうだからとか、その方が楽だからというのが理由であることも多々あると思う。
絵画や美術に対しての自分の立ち位置を見る時に、それならば考える余地がある。

放射性物質のような未知の物に対しても同じような理由で態度を決めてしまう事もあるけれど。
f0082794_18413370.jpg

母親を案内してパナソニックのショウルームへゆく。
[PR]

by uchiumiinfo | 2012-04-24 23:59


<< 拡大      道具 >>