2006年 03月 04日

当事者

何かを楽しむには「当事者」になる事が近道だと思います。
僕がイマイチ冬季オリンピックの凄さを実感出来ないのはウインタースポーツ経験がほぼゼロだからでしょう。
Aランチ展の展示方法である「オーナー料を支払っての鑑賞」というのは、この展覧会を当事者として受け止める事を強いるものとして大変興味深いです。
美術館等で鑑賞する事(展示された物を共有空間にて鑑賞)と作品を購入する事(作品の持つ時間の永久独占)の中間を刻んだ鑑賞法というのはあまり観たことが無いです。と言うかむしろその2つの行動によもや中間点が存在したのか!?という感じがします。
出品者としては「出費をさせる」という点において観に来る事をあまり強く言えない一面があるのですが、各自が選択の責任を持つために気になる作家を前もって調べたりする事でより深い「当事者」になる事が出来るのではないかと思います。
実際テーブルで作品が運ばれてくると面白いです。
楽しめる展覧会だと思います。
僕のおススメは長塚秀人さんですかね。
[PR]

# by uchiumiinfo | 2006-03-04 03:08
2006年 03月 02日

Aランチ展

現在-Aランチ展-という展覧会に出品中です。
会場でテーブルに座り、メニューから選んだ作品をオーナーシップ料を払って鑑賞するという自発的鑑賞を促す展覧会です。
初回オーナーシップ料300円、2回目以降100円。
財布とお時間に若干の余裕が御座いましたらご高覧下さい。

2006年3月1日〔水〕-10日〔金〕
12:00~20:00最終日11:00~17:30(ラストオーダー終了30分前)
AXIS GALLERY ANNEX(六本木5-17-1アクシスビルB1F)
Aランチプロジェクト/〔問い合わせ〕03-5575-8656(アクシスギャラリー)
http://www.a-lunch.com

出品作家
アーユーミーニングカンパニー /O JUN/青木克世/あるがせいじ/池田光弘/岩井久美子/内海聖史/大塚聡/亀井紀彦/カンノサカン/永島京子/長塚秀人/成清美朝/長谷川ちか子/藤本由紀夫/藤原靖子/古川弓子/三嶋りつ恵/村山華子/もとみやかをる/森村泰昌/八木良太/山本修路/吉田朗
[PR]

# by uchiumiinfo | 2006-03-02 10:55 | 展覧会・情報・News
2006年 02月 02日

制作staff

2017年03月21日変更

募集日程 
現在、2人募集の日程もあるので、参加可能な日程が埋っていてもお問い合わせください。
スケジュールの変更ある可能性がありますのでご了承ください。
※9:30スタートを頼む場合があります。

3月
30(木)、31(金)、

4月
1(土)、3(月)、4(火)、6(木)、7(金)、8(土)
9(日)、10(月)、12(水)、13(木)、14(金)、15(土)
16(日)、17(月)、18(火)、19(水)、20(木)、21(金)、22(土)


[PR]

# by uchiumiinfo | 2006-02-02 23:59 | 制作staff
2006年 02月 01日

参考文献・BIBLIOGRAPHY

2017
東京都現代美術館 教育普及アウトリーチプログラム2016 「GO WEST 西へ!!"多摩地区限定"アーティストの1日訪問」記録集 発行:2017年3月31日 東京都現代美術館
KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭 公式カタログ 発行:株式会社 生活の友社
2016
「境ニュース」〔広報さかい2016/11/no.598〕境町役場
「室内の木星」 〔展覧会リーフレット〕 ギャラリエアンドウ
「KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭」オリジナル フレーム切手 セット 発行:日本郵便 株式会社 関東支社
「茨城県北芸術祭2016 公式ガイドブック」 発行:株式会社 生活の友社
「游美 no.81」 茨城県近代美術館 友の会の会報誌
2015
「6つの個展2015 記録集」 編集・発行:茨城県近代美術館
花井久穂「接続の作法ー我々が見ているのは光か、物質か。あるいは知識か物語か。」「6つの個展2015」〔展覧会カタログ〕発行:茨城県近代美術館
井野功一「白と灰色の色点連続」〔茨城新聞2015.10.4〕茨城新聞社
井野功一「空間との関係を探る30点」〔朝日新聞茨城版2015.10.1〕朝日新聞社
「moonwalk」 〔展覧会リーフレット〕 六本木ヒルズ A/DGallery

2014
「情熱境 第2回」〔広報さかい2014/8/no.574〕境町役場
「時の流れる家 菅原大輔」〔新建築 住宅特集2014年8月号p104-〕株式会社新建築社
小金沢智「批評の眼/色彩の記憶」〔月刊ギャラリー7月号〕株式会社ギャラリーステーション
「THE PALECE  seasonal information Summer2014」表紙 パレスホテル東京
「Public gallery」〔ToMoTo TIMES Issue 03〕森ビル株式会社
橋田正城「虎ノ門おめかし中ーヒルズに巨大絵画」〔朝日新聞東京版2014.5.27〕朝日新聞社
「田中功起 クロージングトーク」〔αmプロジェクト2012 絵画、それを愛と呼ぶことにしよう〕武蔵野美術大学
橋田正城「虎ノ門ヒルズ彩る四季」〔朝日新聞東京版2014.2.7〕朝日新聞社

2013
「第66回全国造形教育大会 東京大会」〔指導案集/報告書〕東京都造形教育協議会
「東京で全国造形教育大会」〔都政新報2013.12.6〕 都政新報社
平田剛志「モノリスー内海聖史の絵画」〔展覧会リーフレット〕ギャラリエアンドウ
「THE ART OF PALECE HOTEL TOKYO」パレスホテル東京
「imago mundi Contemporary Japanese Artists」〔展覧会カタログ〕Luciano Benetton Collection

2012  
小金沢智「批評の眼/天地と一つの絵画」〔月刊ギャラリー12月号〕株式会社ギャラリーステーション   
「dialogue/絵画作品と空間の関係性」〔webインタビュー〕アートフロントギャラリー
 近藤俊郎「内海聖史-方円の器」〔展覧会リーフレット〕アートフロントギャラリー
 平田剛志「方円の器」〔展覧会リーフレット〕アートフロントギャラリー
 幕内政治「installation view:蠱惑 ~巧術其之参~ 内海聖史 @ スパイラルガーデン」〔web展評〕ex-chamber museum
 幕内政治「 review:内海聖史『シンプルなゲーム』」〔web展評〕ex-chamber museum

2011 
小金沢智「嘘みたいな空間で、絵画のわからなさを考えること」〔展覧会カタログ〕void+/Azone+Associates Inc
「YUGA+」多摩美術大学
小金沢智「とある4月の絵画の美しさについて」〔月刊ギャラリー4月号〕株式会社ギャラリーステーション
「TAMA ART UNIVERSITY 造形表現学科」多摩美術大学

2010
清沢暁子「panorama - すべてを見ながら、見えていない私たちへ -」〔展覧会リーフレット〕京都芸術センター
「油絵でつなぐともだちの輪」〔アートコレクターズ 2010・6月号 NO.20〕発行:生活の友社
「カイガのカイキ」〔展覧会カタログ〕発行:足利市立美術館
「THE LIBRARY ASHIKAGA」〔展覧会カタログ〕発行:足利市立美術館
「五感の学校 中間報告」発行:三井不動産レジデンシャル株式会社、スパイラル/株式会社ワコールアートセンター

2009
THE LIBRARY -「本」になった美術 〔展覧会カタログ〕 発行:静岡アートギャラリー
「表紙」「3 Keywords」〔月刊ギャラリー2009年7月号〕 株式会社ギャラリーステーション
「暮らしを飾る身近なアート」〔HERS 2009年4月号〕 光文社
「十方視野」〔個展カタログ〕株式会社レントゲンヴェルケ

2008
「TAMA ART UNIVERSITY造形表現学科 2009」多摩美術大学
「風景ルルル ~わたしのソトガワとのかかわり方~」〔展覧会カタログ〕静岡県立美術館
加藤笑子〔2007神山アーティスト・イン・レジデンス実施報告書〕KAIR実行委員会
「アートの理由」〔アートトップ 11月号 224号〕 株式会社 芸術新聞社
「超絶技巧 絵画篇」〔アートトップ 9月号 223号〕株式会社 芸術新聞社
「art lover」〔2008.06.27〕フジテレビ・テレビ放送
「高校生ウィーク2008アートライティング」記録集 協力:アートワークスギャラリー/発行:水戸芸術館現代芸術センター
内海聖史「汽水の魚」〔「組立」展覧会リーフレット〕組立-Re;After Abstract Expressionism
児玉知佳「空のキャンバスのように、空間全体が一つの作品となる」〔アートトップ222号2008年7月号〕芸術新聞社
「屋上庭園」〔展覧会カタログ〕東京都現代美術館
「かみ山」〔2008 JANUARY・NO.75〕 神山ライオンズクラブ

2007
「内海聖史 メンボーで点描」〔芸術新潮10月号〕新潮社
松下幸子「油絵具の美しさを追求」〔イラストレーション7月号〕玄光社
〔TAMA ART UNIVERSITY 2008〕多摩美術大学
「現代美術のみかた-内海聖史展」〔美術の窓6月号〕生活の友社
〔第1回資生堂art egg展覧会カタログ〕株式会社資生堂企業文化部
「色彩が大画面を増殖」〔読売新聞2007.3.31〕読売新聞社
宝玉正彦「大枝・小枝のびのびと表現」〔日経新聞2007.3.28〕日経新聞社
三田晴夫「夢幻の場を導く色彩と水」〔毎日新聞2007.3.27〕毎日新聞社
中村隆夫「体全体に光のシャワー」〔東京新聞2007.3.17〕東京新聞社
田中三蔵「自分に内包される快楽」〔朝日新聞2007.3.15〕朝日新聞社

2006
「Pick Up!奨学生」〔alT No.12〕多摩美術大学校友会
「現代美術の歩き方-今月の一品」〔美術の窓11月号〕生活の友社
「1000点の小さな作品が放つ、色の世界を堪能」〔ELLEエル・ジャポン11月号〕アシェット婦人画報社
三田晴夫「絵画の多様性味わう好機」〔毎日新聞2006年9月22日〕毎日新聞社
「鏡・アニメ・・・若さ光る7つの世界」〔朝日新聞2006年8月29日〕朝日新聞社
飯村雅明「平面に広がる色の連なり」〔茨城新聞2006年4月27日〕茨城新聞社
佃豊  「色彩との対峙」〔NEWまいいばらき2006年5月4日〕株式会社茨城まいにち

2005
〔かみがた回帰 上方みらい/産経新聞大阪本社移転記念パーティーリーフレット〕
植木啓子「何気ない形容詞」〔大阪人8月号/展評〕財団法人大阪都市協会
内海聖史「絵画の前に立っている」〔アクリラート別冊2005〕ホルベイン株式会社
田中恒子「心が染まる至福のとき」〔展覧会フライヤー〕
石川健次〔VOCA 2005/展覧会カタログ〕VOCA展実行委員会
篠原誠司「界を縒る」〔Gallery ART SPACE Produce Collaborators Vol.46-界を縒る-テキスト・展評〕

2004
増井常吉「差異は価値である」〔展評〕MACAギャラリー
石川健次「寄り添う色彩」〔毎日新聞2004年10月4日〕毎日新聞社
倉林靖 「まなざしの諧調」〔ウェブスカイドア現代篇〕ジャパンデザインネット事務局
内海聖史「僕の絵画についての近況」〔展覧会リーフレット〕MACAギャラリー
臼木直子「内海聖史展に寄せて」〔展覧会リーフレット〕MACAギャラリー
増井常吉「内海聖史展にあたって」〔展覧会リーフレット〕MACAギャラリー
石川健次「絵の原点に立ち戻る あふれんばかりの色彩」〔MADO美術の窓4月号〕生活の友社
関直子 「私はどこから来たのか/そしてどこへ行くのか」〔MOTアニュアル2004/展覧会カタログ〕東京都現代美術館 

2003
石川健次「多彩なリズムの同居」〔内海聖史/展覧会カタログ・ADSP〕株式会社 資生堂企業文化部
内海聖史〔第6回岡本太郎記念現代芸術大賞展/展覧会カタログ〕川崎市岡本太郎美術館

2002
山沢彰子「普遍的な美へ」〔TAMAVIVANT 2002-実景から-/展覧会カタログ〕多摩美術大学美術学部芸術学科
白坂ゆり「ギャラリー・レビュー」〔美術手帳2月号/展評〕

2001
石川健次「若さがはじける創作意欲と色彩が運ぶ清々しい風」〔てんぴょう7号/展評〕
〔Infans No.6/Gallery Infans〕Gallery ART SPACE

2000
篠原誠司「気配の触感」〔Gallery ART SPACE Produce Frontiers Vol.21-気配の触感-テキスト・展評〕
〔フィリップモリス アート アワード 2000 最終審査展/展覧会カタログ〕フィリップモリス株式会社
〔卒業制作優秀作品集2000〕多摩美術大学
〔多摩美術大学美術学部第二部 絵画学科卒業制作展/展覧会カタログ〕多摩美術大学 
〔第11回関口芸術基金賞/展覧会カタログ〕柏市文化フォーラム104 

1999
〔第35回神奈川県美術展/展覧会カタログ〕財団法人神奈川芸術文化財団
[PR]

# by uchiumiinfo | 2006-02-01 00:01 | 参考文献・BIBLIOGRAPHY
2006年 02月 01日

経歴・BIOGRAPHY

内海聖史  Satoshi UCHIUMI

個展
2017 02月 「遠くの絵画」YCCギャラリー ヨコハマ創造都市センター (横浜)
2016 10月 「室内の木星」ギャラリエANDO (渋谷)
2015 06月 「moonwalk」六本木ヒルズA/Dギャラリー
2013 10月 「星の話」 ギャラリエANDO (渋谷)
2012 10月 「方円の器」  アートフロントギャラリー (代官山)
2011 11月 「シンプルなゲーム」 void+ (表参道)
     04月 「さくらのなかりせば」ギャラリエANDO(渋谷)
2009 8月 「ボイジャー・Voyager」eN arts(京都)
     7月 「千手」ギャラリエANDO(渋谷)
     6月 「色彩のこと」スパイラルガーデン
     2月 「十方視野」グラニフギャラリー・フクオカ
     1月 「十方視野」ラディウム-レントゲンヴェルケ
2008 「四位置」芸術倉庫 (栃木県那須町)
2007 「仰望の色」劇場寄井座 (徳島県神山町) 神山アーティスト・イン・レジデンス
     「彼岸の色彩」ギャラリエANDO (渋谷)
     「色彩に入る」資生堂ギャラリー (銀座) shiseido art egg
2006 「三千世界」レントゲンヴェルケ・ヴァイスフェルト (六本木)
     ART WORKS GALLERY (水戸)
2005 「色彩の下」ARTCOURT Gallery (大阪)
2004 「色彩の下」MACAギャラリー (下北沢) 
2003 藍画廊 (銀座)
2002 トモヤサイトウギャラリー (恵比寿)
     ART SPACE LIFE (青山)
2001 時限美術計画/T.L.A.P (表参道)
     G-ART GALLERY (銀座)  
1999 Gallery Qs (銀座)
     銀座小野画廊 (銀座)


グループ展
2016 「県北芸術祭」(茨城県常陸大宮市、常陸太田市)
     「どうしてみんな、花が好き?」 まつだい 「農舞台」ギャラリー(新潟県)
     「パースペクティブ『色』 」ギャラリエANDO (渋谷)
2015 「6つの個展2015」 茨城県近代美術館(茨城県水戸市)
2014 「反戦 来るべき戦争に抗うために」 SNOW Contemporary(東京都世田谷区)
     「FCHU OF MADNESS -無名祭祀書-」 LOOP HOLE(府中)
     「作家派遣授業報告展」茨城県近代美術館
2013 「IMAGO MUNDI」(イマゴ・ムンディ) Fondazione Querini Stampalia
     「ANDO SESSION - 4 「色の力」 ギャラリエANDO (渋谷)
     「日本の絵画の50年」 和歌山県立美術館
2012 「ANDO SESSION -3 あかり Exhibition 」 ギャラリエANDO (渋谷)
     「ハコダテトリエンナーレ2012」 大黒湯(函館)
     「オリエギャラリー30th記念展」 オリエギャラリー(青山)
     「ANDO SESSION -2 Objet Exhibition 」 ギャラリエANDO (渋谷)
     「私の場所 私たちの風景」MA2Gallery(恵比寿)
     「ANDO SESSION -1 Drawing Exhibition 」 ギャラリエANDO (渋谷)
     「巧術其之参 蠱惑」スパイラルガーデン (表参道)
2011 「多摩美術大学校友会小品展2011」 文房堂ギャラリー (神保町)
     「掌10」  (浅草橋 ラディウム-レントゲンヴェルケ)
     「教員作品展2011」 (横浜美術大学大学ギャラリー企画展)
     「コレクション展 2011 ‐ 春」 (和歌山県立近代美術館)
2010 「ミニアチュール2010」アートワークスギャラリー(水戸)
     「多摩美術大学校友会小品展2010」 文房堂ギャラリー (神保町)
     「panorama - すべてを見ながら、見えていない私たちへ -」京都芸術センター
     「全貌KAIR展覧会」nitehi works (横浜)
     「カイガのカイキ」 足利市立美術館 (栃木)
     「THE LIBRARY ASHIKAGA」 足利市立美術館 (栃木) 
     「巧術」スパイラルガーデン (表参道)
2009 「挑戦する表現者たち ~超絶技巧の誘い~」 松坂屋名古屋店・美術画廊 (名古屋)
     「THE LIBRARY-「本」になった美術」 静岡アートギャラリー (静岡)
     「自宅から美術館へ 田中恒子コレクション展」  (和歌山県立近代美術館)
     「KOMAZAWA MUSEUM X ART」  (駒沢公園ハウジングギャラリー) 
     「MOTコレクション−MOTで見る夢/MOT.Field of Dreams」(東京都現代美術館)
     「掌9」 (浅草橋 ラディウム-レントゲンヴェルケ)
2008 「京橋3-3-8」(京橋 藍画廊)
     「Resonance(リゾナンス)―共振する感覚」(静岡県立美術館)
     「風景ルルル~わたしのソトガワとのかかわり方~」 (静岡県立美術館)
     「屋上庭園」  (東京都現代美術館)
     「Landschaft IV」 (浅草橋 ラディウム-レントゲンヴェルケ)
     「ギャラリースイートプロジェクト」 (ヒルトン東京)
     「グランドプレビュー」 (浅草橋 ラディウム-レントゲンヴェルケ)
     「ArtlessArt」 (水戸 アートワークスギャラリー)
     「六本木事変」'Roppongi incident' (六本木 レントゲンヴェルケ・ヴァイスフェルト)
     「それからどすたの展」(いわき市 gallery & cafe blaurot)
2007 「冬の100℃」(茅場町 Gallery≠Gallery)
     'Weihnachtsgeschenk'(六本木 レントゲンヴェルケ・ヴァイスフェルト)
     Works on paper (六本木 ヴァイスフェルト)
     内海聖史・岩野仁美「苗色の絵画」(横浜ベイクォーター ギャラリーBOX)
2006 ふなばし現代美術交流展’06「ひかりあるところで」 (船橋市民ギャラリー)
     Aランチ展 (六本木AXIS Gallery ANNEX)
2005 MAX HEADROOM (六本木 レントゲンヴェルケ・ヴァイスフェルト)
     VOCA2005 (上野の森美術館)
     Gallery ART SPACE produce Collaborators Vol.46-界を縒る 
                         (青山 Gallery ART SPACE)
2004 ART SALAD  (埼玉 masuii R.D.R)
     Infans 1998~2003 (群馬 SPACE-U)
     MOTアニュアル2004「私はどこから来たのか/そしてどこへ行くのか」
                         (東京都現代美術館)
2003 word works (U.S.A バーモント Flynndog)
     第6回 岡本太郎記念現代芸術大賞展 (川崎 川崎市岡本太郎美術館)
     CANCELLED (U.S.A バーモント Flynndog)
     Korea Japan Modern Art Festival 2003  (韓国 Suwon Art Museum)
      The Tokyo Global Art 2003s in Korea  (韓国 SAMSUNG PLAZA Gallery)
      The Tokyo Global Art 2003 (大崎 O美術館)
2002 TAMAVIVANT2002-実景から- (多摩美術大学東棟ギャラリー)
     CRAC Second 生存スケジュール (銀座 ギャラリー青羅)
     第5回 エネルギー賞展 (TEPCO銀座館)
2001 スウェーデン日本芸術交流プログラム/SJP (埼玉県立近代美術館) 
     伊勢裕人・内海聖史・馬籠伸郎 (用賀 世田谷区民ギャラリー)
     第4回 エネルギー賞展 (TEPCO銀座館)
2000 Gallery ART SPACE produce FRONTIERS Vol.21-気配の触感 
                         (青山 Gallery ART SPACE)
     第5回 Art公募2001企画作家選出展  (新木場 sokoギャラリー)
     現代美術小品展  (銀座 Keyギャラリー)
     第11回 関口芸術基金大賞展 (柏市民ギャラリー)
     フィリップモリスアートアワード2000 最終審査展 (恵比寿ガーデンプレイス)
1999 第35回神奈川県美術展 (神奈川県民ホール)
     現代美術小品展  (銀座 Keyギャラリー)
     多摩美術大学校友会奨学生展「現場報告一九九九」 (横浜 ガレリア・セルテ)
     第3回 若き画家たちからのメッセージ展‘99  (銀座 すどう美術館)
1997 日本国際パフォーマンスアートフェスティバル ニパフ‘97 (東京芸術劇場)   
1996 第9回 Mix jamは見た  (茨城 古河街角美術館)
                         97’98’99’00’01’05’06’07’08’09’10’11’12’13’14’

1977  茨城県生まれ
1997  多摩美術大学校友会奨学生
1998  日本交通財団瀧冨士奨学生 
2002  多摩美術大学大学院美術研究科修了
2003  第6回 資生堂ADSP選出
      第18回 ホルベイン・スカラシップ奨学生
2007  神山アーティストインレジデンス

トーク/ワークショップ/教育他
2016-17 東京都現代美術館 教育普及アウトリーチ・プログラム 2016 (東京都立久留米特別支援学校/11.8)(調布市立第一小学校/12.13)(桐朋学園/1.12)(東星学園小学校/1.27)(八王子第五小学校/2.9)
2016 ふるさと納税 絵画制作提供 「納税と寄附と価値と美術」茨城県猿島郡境町まちづくり推進課
2016 足利市立美術館 「ワークショップ  自分だけのかっこいい色をつくってみよう」足利チャイルドアートくらぶ(8.20) 
2015 ふるさと納税 絵画制作提供 茨城県猿島郡境町まちづくり推進課
2015 アーティストトーク 内海聖史×笠原出「ボトルメールを受け取って。」企画:岡里崇 void+(10.7)
2015 茨城県近代美術館 「アーティストトーク」(9.26)
2015 古河街角美術館 先生たちの美術展3 トーク「制作すること 教育すること」(1.12)
2014 上野の森美術館 学芸員実習講義 (8.5)
2014 茨城県立近代美術館 教育プログラム 作家派遣事業 美術館セミナー(1.26)
2014 多摩美術大学造形表現学部 講義「質問を生み出し続ける」(内海聖史×堀越達人×小金沢智)(1.7)
2013 茨城県立近代美術館 教育プログラム 作家派遣事業 古河市立駒羽根小学校(12.12)
2013 第52回東京都図画工作研究大会城東大会 「いろどりみどり」 江東区立南砂町小学校(プレ授業9.30本授業11.29)
2013 東京都現代美術館 ワークショップ「カッコイイ色を作ろう」 豊島区立長崎小学校(5.21)
2013 東京都現代美術館 ワークショップ「緑のじゅうたんを作ろう」 杉並区天沼小学校(2.8)
2013「絵画、それを愛と呼ぶことにしよう vol.8 田中功起」 クロージング・トーク 田中功起×保坂健二朗×内海聖史 :ギャラリーαm(2.2)
2011 ギャラリートーク 内海聖史 x 笠原出(美術家)、中村ケンゴ(美術家)、松山賢(美術家):void+(12.9)
2011 ギャラリートーク 内海聖史 x 小金沢智(世田谷美術館 学芸員):void+(11.25)
2011 シンポジウム 「アートの役目 デザインの責任」 スピーカー/梶本博司・加納豊美・佐藤直樹・中村隆夫・内海聖史 :多摩美術大学芸術祭実行委員企画(11.5)
2011 トークゲスト 「9.11と3.11-近代のおわりのはじまり」 スピーカー/村山悟郎、ゲストスピーカー/内海聖史 多摩美術大学文化祭個人企画(11.5)
2010 アーティストトーク 「誤解と素材」 内海聖史(画家)X中村ケンゴ(美術家)X松山賢 :ギャラリーショウ(11.7)
2010 アーティストトーク 内海聖史 × 川田都樹子(甲南大学文学部教授) :京都芸術センター(9.19)
2010 横浜美術大学絵画コース 非常勤講師(2010-)
2010 シンポジウム『アートを活かしたまちづくりを考える』野毛Hana*Hana(6.20)
2010 シンポジウム 「絵画の原点をめぐって」 (上野慶一/内海聖史/岡田真宏/黒須信雄/平原辰夫/本田和博/安井敏也 ):足利市立美術館(5.2)
2010 「カイガのカイキ」アーティストトーク :足利市立美術館(4.10)
2010 多摩美術大学造形表現学部卒業式 校友会代表祝辞(3.25)
2009 講演 第57回静岡県高等学校美術・工芸展 講演会(11.29)
2009 パナソニック・配布用扇子
2009 シンポジウム 「制作の言語」 (×雨宮庸介×池田剛介) :con tempo(7.5)
2009 シンポジウム 美術犬「絵画」 (×千葉正也×佐藤純也×薮前知子):東京ワンダーサイト本郷(4.4)
2009 東京都現代美術館スクールプログラム「アーティストの1日学校訪問」(東大和市立第一小学校1.14 中野区立谷戸小学校1.15 港区神応小学校1.19 墨田区立代三吾嬬小学校1.23 港区立御田小学校1.28)
2008 女子美術大学短期大学部別科 講義(08.6.20) 講評(08.10.16)
2008 講演会 :湘南美術学院(11.22)
2008 公開座談会 「現代アートの世界(フウケイ)」:静岡県立美術館(11.8)
2007 多摩美術大学造形表現学部 講評(07.12.17/08.7.14/09.7.14/10.7.20/10.12.16/11.8.1/11.12.22/12.7.26/12.12.20/13.7.22)
2007 ワークショップ「緑を作ろう」 徳島 神山町立神山中学校/10.30. 神山町立神領小学校/10.31.
2007 シンポジウム「レジデンスとコミュニティ」 :徳島 神山町農村環境センター/10.28.
2006 アーティストトーク「ふなばし現代美術交流展’06」:船橋市民ギャラリー/8.26.
2006 玉川大学 ビジュアルアーツ学科 講義(2006.5.11/2007.4.19/2008.5.8)
2005 舞台美術「産経新聞大阪本社移転イベント-かみがた回帰 上方みらい-古典芸能の夕べ-」 :大阪 なんばHatch/10.27.
2004 アーティストトーク「MOTアニュアル2004」 :東京都現代美術館/2.28.
2000 座談会「美術は娯楽であるべきか-阿部尊美×内海聖史×金武明子」 :青山 Gallery ART SPACE/9.27.


パブリックコレクションおよびコミッションワーク
リーガロイヤルホテル京都(京都)
六本木ヒルズレジデンスD(東京都/六本木)
麻布ガーデンWEST(東京都/麻布)
久世歯科医院(神奈川県)
晴海c街区計画(東京都/勝どき)
九段坂病院(東京都/九段下)
プラウドシティ南山(東京都/稲城市)
魚沼基幹病院(新潟県南魚沼市)
JAあいち中央(愛知県安城市)
パークタワー山王(東京都/大森)
アルファグランデ小岩スカイファースト(東京都/小岩)
プラウド荻窪5丁目(東京都/荻窪)
ザ・パークハウスグラン三番町(東京都/半蔵門)
JA兵庫県農業会館(兵庫県/元町)※毎年3~5月 春の展示
ザ・パークハウス二子玉川(東京都/二子玉川園)
虎ノ門ヒルズ(虎ノ門)
株式会社篠原工務店(茨城)
農林中央金庫 品川研修センター(品川)
Tomlinson Heights Singapore(シンガポール)
BENETTON Collection (イタリア)
中東遠総合医療センター/救急待合室(静岡県/掛川市)
プラウドシティ浦和(埼玉県/浦和市)
ディアナコート文京千石(東京都/千石)
スタンレー電気株式会社
パレスホテル東京
株式会社アクアプランネット
アークヒルズフロントタワーRoP(六本木)
日本赤十字社 足利赤十字病院(栃木県足利市)
ザ・千里レジデンス(大阪)
株式会社 プレジデント社(永田町)
深川ギャザリア/りそな銀行東京本社(木場)
柏の葉キャンパスシティ/柏の葉の147街区(千葉)
和歌山県立近代美術館
パナソニックエコアイデアハウス(有明)
東京都現代美術館
パナソニックセンター東京(有明)
Macquarie Global Property Advisors
ミューザ川崎 (神奈川)

アートフェア
2013 「大絵画展」 渋谷西武B館
2012 Plus (スパイラル)
2011 アートフェア京都2011/ワンピース倶楽部(モントレホテル京都)
2009 釜山アートフェアARTO
   アートフェア香港09
   アートフェア東京09(東京国際フォーラム)
   ART@Agnes2009Final (新宿 アグネスホテル コグレントゲン409号室)
2008 アートイン堂島 (大阪 堂島ホテル)
   アート台北 
   東京コンテンポラリーアートフェア2008 (東京美術倶楽部)
   ART@Agnes2008 (新宿 アグネスホテル アンド アパーツメンツ東京)
2007 アートフェア東京2007
   ART in CASO/OSAKA2007 (大阪 海岸通ギャラリーCASO)
   ART@Agnes2007 (新宿 アグネスホテル アンド アパーツメンツ東京)
2006 ART in CASO/OSAKA2006 (大阪 海岸通ギャラリーCASO)
   ART@Agnes2006 (新宿 アグネスホテル アンド アパーツメンツ東京)

Satoshi Uchiumi

1977 Born in Ibaraki
1997 Selected to Support Program of The alumni association of Tama Art University
1998 Awarded at "The 19th International Takifuji Art Award"
2002 MA, Tama Art University
2003 Selected to "6th Art Documents Support Program by SHISEIDO”
     18th HOLBEIN Scholarship
2007 KAMIYAMA Artist in Residence

Solo Exhibitions 
2009
graniph gallery, Fukuoka
Radi-um - Roentgenwerke, Tokyo
2008
Nasu Warhouse-Roentgenwerke, Tochigi
2007
Theater YORIIZA, Tokushima
Gallerie ANDO, Tokyo
SHISEIDO Gallery, Tokyo
2006
'Great Chiliocosmos', weissfeld-Roentgenwerke, Tokyo
ART WORKS GALLERY, Ibaraki
2005
ARTCOURT Gallery, Osaka
2004
MACA Gallery, Tokyo
2003
Ai Gallery, Tokyo
2002
TOMOYA SAITO GALLERY, Tokyo
ART SPACE LIFE, Tokyo
2001
Time Limit Art Program, Tokyo
G-ART GALLERY, Tokyo
1999
Gallery QS, Tokyo
Ginza Ono Gallery, Tokyo


Selected Group Exhibitions
2009
' MOT.Field of Dreams' ,Museum of Contemporary Art Tokyo.
' tamagokoro 9' ,Radi-um -Roentgenwerke, Tokyo.
2008
'Kyobashi3-3-8' ,Ai Gallery, Tokyo.
'Resonance' ,Shizuoka Prefectural Museum of Art, Shizuoka
'Landscape lu lu lu', Shizuoka Prefectural Museum of Art, Shizuoka
'Landshaft IV', Radi-um -Roentgenwerke, Tokyo
'Roof Gardens', Museum of Contemporary Art Tokyo
'ArtlessArt', Art Works Gallery, Ibaragi
Gallery & Caf・Blaurot, Fukushima
'Roppongi Incident', weissfeld-Roentgenwerke, Tokyo
'Grand Preview', Radi-um -Roentgenwerke, Tokyo
'Gallery Sweet Project', Hilton, Tokyo
2007
Gallery≠Gallery, Tokyo
'Weihnachtsgeschenk', weissfeld-Roentgenwerke, Tokyo
'Works on Paper', weissfeld-Roentgenwerke, Tokyo
'Gallery Box Exhibition vol. 4', Yokohama Bay Quarter, Yokohama
2006
' Funabashi Contemporary Art Exchange Exhibition' 06', Chiba
' A-lunch', AXIS GALLERY ANNEX, Tokyo
2005
"MAX HEADROOM" weissfeld-Roentgenwerke, Tokyo
"The Vision Of Contemporary Art 2005," The Ueno Royal Museum, Tokyo
"Gallery ART SPACE produce collaborators Vol.46" Gallery ART SPACE, Tokyo
2004
"Infans 1998~2003" SPACE-U, Gunma
"Where do I come from? Where am I going?: MOT annual 2004"
Museum of Contemporary Art,Tokyo
2003
"Tokyo Global Art 2003 Part・," O Art Museum, Tokyo
"word works," Flynndog, Vermont, USA
"6th Exhibition of the Taro Okamoto Memorial Award for Contemporary Art,"
TARO OKAMOTO MUSEUM OF ART, KAWASAKI,Kanagawa
"CANCELLED," Flynndog, Vermont, USA
"KOREA・JAPAN MODERN ART FESTIVAL 2003," Suwon Art Museum, Gyonggi, Korea
"THE TOKYO GLOBAL ART 2003 IN KOREA EXHIBITION,"
SAMSUNG PLAZA Gallery, Gyonggi, Korea
2002
"TAMA VIVANT 2002-From Real Scenery," Tama Art University, Tokyo
"CRAC Second," Gallery SEIRA, Tokyo
The 5th "Energy Award Exhibition," TEPCO Ginza-kan, Tokyo
2001
"Sweden Japan Art Exchange Program," The Museum of Modern Art, Saitama
"Hiroto Ise, Satoshi Uchiumi, Nobuo Magome,"
Setagaya Art Museum Citizen's Gallery, Tokyo
The 4th "Energy Award Exhibition," TEPCO Ginza-kan, Tokyo
2000
"Gallery ART SPACE produce FRONTIERS Vol.21-The Feel of an Indication,"
Gallery ART SPACE, Tokyo
"The 5th Art Contest for the Best Contemporary Art Work 2001,"
Shinkiba SOKO Gallery, Tokyo
"The 11th Sekiguchi Art Foundation Prize Exhibition," Kashiwa Citizen's Gallery, Chiba
"Philip Morris Art Award 2000; Final Selection Exhibition," Ebisu Garden Place, Tokyo
1999
"The 35th Kanagawa Art Exhibition," Kanagawa Prefectural Hall
"Tama Art University Alumni Association Scholars Exhibition-Reports on the Scene 1999," GALERIA CERTE,Kanagawa
"The 3rd Messages from Young Artists Exhibition '99," SUDO ART MUSEUM, Tokyo
1997
"The 4th Nippon International Performance Art Festival-NIPAF '97,"
TOKYO METROPOLITAN ART SPACE
1996
"The 9th Mix Jam Saw It Exhibition,"
Koga Machikado Art Museum, Ibaraki(-'01,’05,’06,’07,’08,’09)

Public Collections
MUZA KAWASAKI 
     Macquarie Global Property Advisors
     Panasonic Center TOKYO
Museum of Contemporary Art Tokyo

ART FAIR
2009 ART FAIR TOKYO 2009
ART@Agnes 2009 Final
2008 ART in DOJIMA
ART TAIPEI 2008
TOKYO Contenporary Art Fair 2008
ART@Agnes2008
2007 ART FAIR TOKYO 2007
ART in CASO/OSAKA2007
ART@Agnes2007 
2006 ART in CASO/OSAKA2006 
ART@Agnes2006 
[PR]

# by uchiumiinfo | 2006-02-01 00:00 | 経歴・BIOGRAPHY