色彩の下

uchiuminfo.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2015年 10月 30日

続 ふるさと納税

茨城県境町より出品いたしました「ふるさと納税」の作品は、情報開示からわずかの日数でご寄附をいただき、売り切れとなりました。
早々にご寄附をいただき、また様々な関心をいただきありがとうございます。

この件につきましては少々考えたことを記載いたします。
今回このふるさと納税事業にて提示いたしました金額は300万円です。
300万円というのは言うまでもなく高額で、ギャラリーでその価格で販売してもそうそう売れる金額ではありません。
よほどのトップギャラリーでトップアーティストでないと、おいそれと動かない価格となります。
そこで、そのどちらでもない状況で、僕の制作がこの価格で成立したという事実から考えたいと思います。

「納税」という義務と同時に文化的社会的に寄与したいという方はある程度いらっしゃるのだと思います。
そのような方の受け皿にギャラリーの販売が必ずしもなっていないのではないでしょうか?
美術品に限らず物の売買は基本的には閉じた世界です。
売り手と買い手が個人間にてやり取りをするからです。
美術作品は世に問うている物が多々ありますが、それが売買のところで急に個々人のやりとりに集約されてしまうところに、美術のダイナミックなところと閉塞的なところがないまぜになっています。
購入者にとっては、世界的に開かれたものが個人のものになるという大きな物語を手に入れた感がありますが、裏を返すと、世に開かれたものが個人に閉じてしまうとも受け取れます。
これは多くの美術作品が「モノ」として存在してしまう為に起きてしまう、当たり前の、作品に内包されている事実なので、僕個人としてはとくに問題にする事ではないのですが、作品を「公共に開いたままにしておきたい」という人も居るのではないのかな?と思いました。
しかし、作品を公共に開いたままにするには、個人が購入して美術館に寄贈するというなかなか面倒な手続きを踏む必要があります。
そこに色々な障壁があるのかなと。
f0082794_1354463.jpg

画像/株式会社篠原工務店応接室(茨城県境町) 2014年  撮影:加藤健  

転じて昨今、大抵の美術館は収蔵費用がありません。
この状況は10年以上続いています。
日本の経済が豊かだった時代には、美術館で展覧会をすると何点かはその美術館に収蔵されてゆくという状況があったそうです。
しかし、僕が美術館での企画に参加するようになって以降、展覧会をしてその中から直接収蔵に至ったケースはありません。(展覧会をした後年に収蔵に至ったケースは有ります。)

そこで、例えば美術館で展覧会をしたさいに、その中で美術館が収蔵したい作品をその地域のふるさと納税に出品し、収蔵希望作品の購入権を納税者に売るという事はできないのでしょうか?
納税者の寄附があった作品はそのまま美術館に寄贈され、寄贈者は寄贈の栄誉を得てカタログに記載されたり展覧会パスなどを得るような。映画ハーブ&ドロシーのラストのようなイメージです。
こんなことはできないのでしょうかね?
ある自治体に100万円納税したことで、50%は自治体の文化事業費、50%は作家。作品は美術館、納税者は末代までの栄誉というような感じ。
同じようなイメージで、クラウドファンディング等でも同様な事は可能な気がします。
ある作品を美術館収蔵するにあたって、必要な経費を多くの人から募り、最終的に長期的な保存をする。
作家にも制作費が発生し、きちんと次の制作に向き合える。
そんなケースが出来たら良いなと考えました。

現在は地域の美術展も大変盛んです。
全てのケースを知っているわけでは無いですが、これらも作家に十分な制作費や報酬が有るとは言えません。
地域の美術展はお祭り的にその場で終了してしまうのではなく、その地域の企業や施設などに作品を購入してもらい、祭りの後にもその地域に根付くような動きがないといけないような気がするのですが、その一環としてその地域のふるさと納税に作品を出品し、作品の流通を促すような取り組みも可能ではないでしょうか?
地域展に出品時点では、規定の報酬を受け取りますが、その作品がふるさと納税に出品されて成立すれば、何%は次の文化事業に充て、何%が出品作家の報酬として制作費などに充てられるようなシステム。
この場合は、作品は納税者のものになります。
結構可能性があるような気がするのですが。。
作品の保存や作家の自立のような、文化的な下支えとしてそのような流れが生まれる事を望みます。

僕はとりあえず目の前の制作をきちんと全うしたいと思います。
前例の無い状況に出会うというのは面白いですね。
[PR]

by uchiumiinfo | 2015-10-30 00:00
2015年 10月 24日

ふるさと納税

ふるさと納税の記念品として、僕の制作を出品いたしました。
以下概要と考えた事を記載いたします。

今年度、僕の産まれた町、茨城県境町のふるさと納税記念品として、僕の作品が出品されています。
現代美術にカテゴライズされる絵画がふるさと納税の記念品になる事は、かなり珍しい事だと思います。

以下、制作様式です。
合併60周年記念 特別企画”内海聖史”絵画プラン
・境町は境町にゆかりのあるクリエイターを応援いたします。
・境町出身・在住で,若手現代アーティストとして活躍され,子供たちへのワークショップ等も精力的に行っています。色鮮やかな点描を重ねた多様なスケールで絵画の可能性を探る作品です。
・東京都現代美術館,茨城県近代美術館,虎の門ヒルズ等展覧会,設置事例多数。

①制作には約6ヶ月をいただきます。
②サイズは,高さ約1300mm×2,500mm程度で,配置する空間に合わせて作成いたします。(額装,設置費用は別途承ります。遠隔地につきましては,送料等ご相談させていただくことがあります。(北海道,沖縄,離島,海外など))
③仕様:木製パネル,麻カンバス,油彩絵具,水彩絵具
④作品紹介はこちら http://uchiumisatoshi.com/
全てが決定してから制作する方式なので、もし決定しても6ヶ月ほどお時間をいただく事になるかと思います。
f0082794_11402115.jpg

画像/なかりせば 2011年制作 「作家派遣授業報告展」茨城県近代美術館 撮影:加藤健

●「絵画」のあり方について
今回このようなご提案を町からいただき、出品する事について大変悩みましたが、お引き受けする事にいたしました。
現在、国内にて「絵画」が存在出来る場所は何処なのか?と考えています。
最も場がありそうな美術館や国際展では「絵画」の席が必ずしも多くはありません。
強く拒絶されているのでは?と感じる程です。
その少ない絵画のある場面でも、絵画内でのモードや社会との理解によって全てが網羅されるわけではありません。
具象的な絵画、私小説的な絵画、抽象的な絵画、コンセプチュアルな絵画・・・と絵画の中でも多様な表現があり、それらは今なお現役で激しく変遷を遂げていると思います。
しかし、それらは大きな発表の場が無い事で、あまり広く世間に問えていない現状はあるかと思います。(ギャラリーや個々人のレベルでは今でも絵画が最も盛んな表現だとは思います。)

近年ありがたい事に、コミッションワークと呼ばれる、企業や建築の公共的な場所に作品を設置する事例を多く手がけさせていただきました。
その際のご意見や受け入れられ方をみるに、もしかしたら絵画という表現は美術館などで「珍しい表現」として紹介されるという位置からある一定の共通理解として社会に浸透している表現という位置へと移行していると仮定できるのではないかと感じています。

元々日本は家屋に床の間を有し、ふすま絵、つい立て、欄間と表現を日常に配する文化をおくってきました。
ふるさと納税のサイト「ふるさとチョイス」にて絵画や美術を検索すると、花の絵や壷、版画、風景画などが確認出来ます。※時期によっていろいろ変わっています。
僕の制作するような表現が、それらの作品のような日常への浸透への皮切りになるとしたら、それはとても面白いのかなと思っています。


●町がふるさと納税記念品を選択する事について
僕の作品をふるさと納税の対象にしていただいた、茨城県境町は関東平野の中心に位置します。
おそらく県境にあるので境町なのだろうと思います。
県境は川で区切られる事が多く、利根川、江戸川、渡良瀬川などが密集している地域という事もあり、電車などの公共交通が発達しておらず、今年ようやく高速圏央道の出入り口「境古河インターチチェンジ」が完成いたしましたが関東平野内でもかなり行きにくい地域となります。
茨城県の県西地区に位置し、美術館など文化施設も少ない地域となります。
よって、地域の文化イベントなどにも乏しいのですが、ふるさと納税はそのような地域でも「文化的な意識がある」と提言する場としても使えるのではないかと感じました。
ふるさと納税の記念品は、その町の紹介という側面をはらんでいます。
農耕地域は米や野菜、酪農地域は肉を中心に記念品を選択し、それはその地域の自己紹介の様相を呈しています。
しかし、境町は何か圧倒的に有名な特産物や名所があるわけではありません。
さしま茶とかレタスが特産ですが、知らないですよね。。
そんな中、その町の眼が何に向いているかを公に差し示す場としてふるさと納税の記念品の選択は活用できるかもしれません。
ふるさと納税記念品を探すサイト「ふるさとチョイス」という名は「どのふるさとの品をチョイスするか?」という意味とともに、「そのふるさとは何をチョイスしているのか?」も見定める事が出来るという事になります。
そこで、僕のような現代美術、抽象表現というように判別される作品を町が選択する事は、「町に文化的意識がある」というメッセージともとれるのではないかと思いました。
例えばアート県をうたっている香川県でも、美術品の出品はありませんし、窯どころの地域が焼き物を出品するのともまた違った意味合いがあるかと思います。
昨今、地域のアートイベントなどが盛んですが、それらの実現には大変多くの時間と労力と資本が必要となります。
しかし、このふるさとチョイスの選択は、特に何も資本はいらず、その地域地域で特色のある事業や人材を探し出す眼がその自治体にあれば良いだけなのでとても安価で面白い提案だと感じました。
実際300万円となかなか高価な案件ですが、記念品交換の契約がされてもされなくても町の意思をアピール出来た事にはかわらないし、大変考えさせられる案件だと思い、一応考えを記載いたしました。
絵画を制作する事が、自分をいろいろな所に連れて行くなぁと感じています。
内海聖史
[PR]

by uchiumiinfo | 2015-10-24 00:00
2015年 10月 19日

茨城県近代美術館「6つの個展」 終了

茨城県近代美術館の展覧会「6つの個展」終了いたしました。
ご高覧いただいた皆様、SNSでつぶやいてくださった皆様、ご意見をくださった皆様、設置制作に関わってくださった全ての皆様に感謝いたします。
自分の制作を考える大変良い機会をいただきました。
ありがとうございます。

展覧会は終了いたしましたが、この後「6つの個展」の展示記録集が編集、発売されますので、また機会がございましたらご案内いたします。
カメラマン加藤健さんによる撮影で良い記録集になると思います。

美術館に絵画が掛かっているって良いですね。
f0082794_12462140.jpg

29の不在と長い壁 2015 油彩、水彩、カンバス
撮影:加藤健
[PR]

by uchiumiinfo | 2015-10-19 00:00
2015年 10月 15日

展覧会 10/18(日)まで

茨城県近代美術館「6つの個展」は今週末で終了です。
写真は、ショウケースの中の作品をケース内で撮影した物で、この角度で作品を観る事はできません。
ケースのガラスに作品が反転していて面白いです。
f0082794_13545861.jpg

撮影:加藤健

6つの個展 2015
茨城県近代美術館
2015年9月5日(土)ー10月18日(日)
観覧料:一般850(720)円、高大生600(480)円、小中生360(240)円
開館時間:午前9時30分~午後5時(入場は午後4時30分まで)
[PR]

by uchiumiinfo | 2015-10-15 00:00
2015年 10月 07日

ボトルメールを受け取って。

表参道近くにあるvoid+にて、笠原出さんとトークを行います。
「ボトルメールを受け取って。」(企画:岡里崇)
小作品を持ち寄り、作品や近況についてトークします。
お時間ございましたらご高覧ください。
内海聖史
f0082794_1529967.jpg

撮影:加藤健

ボトルメールを受け取って。
<イベント概要>
タイトル:「ボトルメールを受け取って。」〜内海聖史×笠原出アーティストトーク〜
日時:10月7日(水)19:00〜20:30 *18:45受付開始
会場:void+(東京都港区南青山3-16-14 1F) 
http://www.voidplus.jp/
申込:当日受付
料金:ドリンク代500円

<コメント>
まわりにガンガンぶつかりながら、私たちは小船で大海に漕ぎ出した。
ふと気がつくとまわりに船影はなく、みな違う島を目指していることに気がついた。
美術の海はあまりに広い。あの人は今どこを漕いでいるのだろうか?
                (内海聖史)

 内海聖史と笠原出、二人の作家が新作の小品数枚を会場に持ち込み、その作品について、また最近の制作姿勢について語ります。
 内海聖史は、「2011年void+の個展以降、現在開催中の展覧会に至るまでの、作品と空間との関係性の変化について」、笠原出は「近年の一連の発表の中での形態の変化(立体→平面)」「近作の『ふわりんぼ』シリーズについて」などについて語ります。
 皆様のご参加をお待ちしております。

<作家略歴>
内海 聖史
1977年 茨城県生まれ
2002年 多摩美術大学大学院美術研究科修了
2004年 「MOTアニュアル2004私はどこから来たのか/そしてどこへ行くのか」東京都現代美術館(東京)
2007年 「第1回shiseido art egg『色彩に入る』」資生堂ギャラリー(東京)
2008年 「風景ルルル〜わたしのソトガワとのかかわり方〜」静岡県立美術館(静岡)
2011年 「シンプルなゲーム」void+(東京)
2015年 「6つの個展」茨城県立近代美術館(茨城)

笠原 出
1969年 静岡県生まれ
1994年 東京芸術大学大学院美術研究科漆芸専攻修了
2001年 「FLUFFY FLUFFY」ミヅマアートギャラリー(東京)
2004年 「カフェ・イン・水戸2004」水戸芸術館(茨城)
2011年 「カフェ・イン・水戸2011―かかわりの色いろ」水戸芸術館(茨城)
2013年 「ふわりんぼ」Art Center Ongoing(東京)
2014年 「ふわりんぼ/トリートメント」TRAUMARIS|SPACE(東京)
[PR]

by uchiumiinfo | 2015-10-07 00:00 | 展覧会・情報・News
2015年 10月 05日

10/18まで

茨城県近代美術館「6つの個展」
会期も2週間を切りました。
10月18日(日)までです。
ご高覧いただけましたら幸いです。
f0082794_1335824.jpg

↑画像は今回の展覧会のチャレンジ枠です。
三千世界(円環)
見つけてね〜。
[PR]

by uchiumiinfo | 2015-10-05 00:00
2015年 10月 04日

茨城新聞 2015年10月4日

本日付の茨城新聞2015年10月4日に、現在茨城県近代美術館にて催われている展覧会「6つの個展」の出品作が掲載されています。
ご高覧ください。
f0082794_9113172.jpg

[PR]

by uchiumiinfo | 2015-10-04 00:00 | 展覧会・情報・News
2015年 10月 01日

朝日新聞茨城版10/1

朝日新聞茨城版10月01日付に展覧会記事が掲載されました。
ありがとうございます。
f0082794_16242760.jpg

予定では10月4日に茨城新聞にも掲載されますので、お手にとってみてください。
新聞の掲載は当日のニュースに依って左右されますので、掲載が遅れる可能性もあります。
ご了承ください。
[PR]

by uchiumiinfo | 2015-10-01 00:00 | 展覧会・情報・News