<   2013年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2013年 04月 30日

展覧会情報201304

和歌山県立美術館の企画展に作品が設置されているようです。
お近くに行く機会がございましたらご高覧下さい。

日本の絵画の50年
4/20(土)ー6/16(日)
この50年間、日本における絵画制作は、ヨーロッパやアメリカでの動向に反応しながら、多様な展開を見せてきました。20世紀後半以降に日本で生み出された絵画作品を、時代を追って見直す展覧会です。
[PR]

by uchiumiinfo | 2013-04-30 23:59 | 展覧会・情報・News
2013年 04月 30日

埋没

正論、共有できる正しさの中で制作すると、むしろ埋没してしまう。
f0082794_1695692.jpg

スタッフ作業。
[PR]

by uchiumiinfo | 2013-04-30 23:59
2013年 04月 29日

生き死に

作業。
f0082794_1674097.jpg

空間が生きるような展示。
空間が沈黙するような展示。
[PR]

by uchiumiinfo | 2013-04-29 23:59
2013年 04月 28日

展開と制約

作業。
f0082794_1624239.jpg

漫画家の方が話す、話を膨らませるのは意外と楽だという文章を読んだ。
膨らませるよりも、制約の中で納め、完結する事が難しいらしい。
[PR]

by uchiumiinfo | 2013-04-28 23:59
2013年 04月 27日

GW

スタッフ作業。
ゴールデンウィークの最初で道が混む。
僕には関係無いけれど。
f0082794_15591955.jpg

世に投げて作品を問うのだが、その答えが満足のゆく物でなかった際に、「満足のゆく反響のない制作をしている」という事を理解すればよいわけで、満足のゆく反響のあるように制作を変えて行くわけではない。
自分の感覚や認識や研究が届かないという事実が、その自分の感覚を理解する手助けになるだけである。
[PR]

by uchiumiinfo | 2013-04-27 23:59
2013年 04月 26日

共感

内輪で理解し合っているうちは、その言語や制作は他者に理解されない。
家族に「ご飯」と言うと、「ご飯が食べたいのだな」と理解できるが、道ばたで誰かに「ご飯」と言えば単に気持ち悪いと思われるだけだろう。
f0082794_15552191.jpg

作業
[PR]

by uchiumiinfo | 2013-04-26 23:59
2013年 04月 25日

のいず

・ 東京都現代美術館:「桂ゆき - ある寓話」展
・ 東京都現代美術館:フランシス・アリス 展
・ 東京都現代美術館:MOTコレクション 「私たちの90年:1923-2013 - 残像から Afterimages Of Tomorrow - 」
・アンドーギャラリー:中沢研 展
・無人島プロダクション:八木良太 「Time Parallax」
f0082794_15531354.jpg

ノイズをどのように理解するか
ノイズを含めた完成。
[PR]

by uchiumiinfo | 2013-04-25 23:59
2013年 04月 24日

詩的

雨で涼しく、制作しやすい。
f0082794_15481789.jpg

美術の批評は詩的になるという意見を見た。
ただ、批評がわかりにくくてよいのかはよくわからない。
[PR]

by uchiumiinfo | 2013-04-24 23:59
2013年 04月 23日

問い

問いこそ創造
f0082794_15463097.jpg

制作
[PR]

by uchiumiinfo | 2013-04-23 23:59
2013年 04月 22日

システム

それはあなたのシステムじゃない。みんなの無意識がつくってしまったシステムである。
坂口恭平
f0082794_15404712.jpg

スタッフ制作。
ソースで味付けしたカツ丼を食べる。
普通。
[PR]

by uchiumiinfo | 2013-04-22 23:59