色彩の下

uchiuminfo.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2011年 09月 30日

膨張

表現が多様化しているのだから、近い表現が減ってゆくのは当たり前。
膨張する宇宙では隣の星がどんどん離れてしまう。
f0082794_14363141.jpg

・VACANT:大山エンリコイサム/スクラッチング・ザ・サウンドウォール
すごく細かかった。
シャープペンの芯を研いでいた。
人と話していては意味が無いだろうと思って声はかけなかった。
・ギャラリーbTOKYO:藤波洋平
・Takuro Someya Contemporary Art:本城直樹Light house TOKYO
・メグミオギタギャラリー:八木貴史「Strangler fig」
・メグミオギタギャラリー:ルイス・ルブルジョワ「Distant Vision」
・コバヤシ画廊:大森牧子展
・ギャラリーなつか:吉敷麻里亜展
・ギャラリーなつかbp:渡辺愛子展
・ギャラリーなつかcross:古屋一弘展
・養清堂画廊:小野耕石展

横浜美術大学
[PR]

by uchiumiinfo | 2011-09-30 23:59
2011年 09月 29日

暗中

美術なんてだれも手探りだよ
f0082794_14342587.jpg

・無人島プロダクション:Chim↑Pom「SURVIVAL DANCE」
・東京都現代美術館:ゼロ年代のベルリン ―わたしたちに許された特別な場所の現在(いま)
・東京都現代美術館:フレデリック・バック展「木を植えた男」
・スパイラルガーデン:棚田康司展「○と一」(らせんとえんてい)
・アイショウミウラ:菊地良博"社会制度の諸位相における考察"
・東京ワンダーサイト渋谷:NEXT- TWS10年!展 桑久保徹ライブペインティング
[PR]

by uchiumiinfo | 2011-09-29 23:59
2011年 09月 28日

エイリアン

油彩で絵を描き続けるのは、歌舞伎を舞ったり、寿司を握る外国人にすぎないのであろうか?
油絵も絵画もはもはや日本に深く根付いていると思うけど。
f0082794_319536.jpg

自分の今は3年後に効いてくる。
[PR]

by uchiumiinfo | 2011-09-28 23:59
2011年 09月 27日

キューブ

絵画が四角いのは四角い空間を獲得したからなんだね。
f0082794_3171928.jpg

常識の呪縛はそこから逸脱する想像ができないほどに強い。
[PR]

by uchiumiinfo | 2011-09-27 23:59
2011年 09月 26日

カビ

美術とか文化ってカビみたいなもんで、僕はビジュアル、僕は言語、僕は科学、僕はコンセプト…みたいにしてじわじわ社会に進出する。
環境に合えば侵食は進むし、合わないと淘汰される。
栄華を誇っても、社会情勢が変われば一気に淘汰されるし、また自分が社会に食い込む事自体が環境の変化になるので、それすらも自己破壊の要因になる。
f0082794_312338.jpg

我々が作品を作る上、技能を行使する上で必要なのは「わかって欲しい」と思うことではないでしょうか?
-富野由悠季
自分に近いままでは解らない。
[PR]

by uchiumiinfo | 2011-09-26 23:59
2011年 09月 25日

2000

だらだらずっと文字を残す作業をしています。

僕が思っているのは
短く快活で単純な言葉や
強く厳しい言葉で
自分の身体を動かし
前進すること
それくらいです。

例は悪いですが、ある戦略で、上官が相手を攻め落とす為に
「圧倒的な弾薬を物資として投入せよ」
と決定したとします。
「圧倒的な物資を投入せよ」は意識で「圧倒的な物資」は現実です。
絵画は現実なので、その物をなす為に必要な労働を行為として時間として割かねばなりません。
作家の目の前にあるのは思想ではなく現実なので、僕は自分の身体が動く必然性を自分に与える必要があります。

どんな理論も行き着く先に必要な物があります。
それは良い作品が数ある事です。
市場を拡大する。
教育を強化する。
後世に残す。
文化的イニアシチブをとる。
高い思考を実現する。

何が目的でもかまわないのですが、
全ての結果の横にあるのは良い表現の存在です。
ただそれだけです。
f0082794_1693884.jpg

これで2000個目の投稿です。
画像もくるくる回る絵「惜色」でお祝いです。
[PR]

by uchiumiinfo | 2011-09-25 23:59
2011年 09月 24日

ほこり

岡本太郎の作品保存についてまとまっています。
谷駅に展示されている岡本太郎の壁画「明日の神話」のホコリが酷い件について

作品を納品した際に、「作品をどのように保管すれば良いでしょうか?」と聞かれる事はよくあります。
パブリックな場所では作品を保存してゆく事はとても難しく、劣化は避けられないですが、「触らない事と埃を落とす事」を一応お伝えします。
あまり過剰になってもやりきれないでしょうから、最低限という意味です。
保存の質を上げると作品を観る事に影響することは確かです。
岡本氏が展示プランで激怒したというものがどのような物かはわからないのですが、やはり歪曲している気がします。
その展示プランを観てみないと判断できないです。
f0082794_1558716.jpg

嘘くささ を減らしたい。
[PR]

by uchiumiinfo | 2011-09-24 23:59
2011年 09月 23日

星だ星か

目の前にあるものについてしかなかなか考えられない。
月夜に月を、星夜に星を、猫に出会い猫を、コンビニの前を通って経済を、どこかに足をぶつけて身体を、ニュースを見て福島や原発を、絵の前に立ち絵画を。
目の前に無いとはそれほど自分から離れる事だ。
原発のニュースが少なくなることは社会としてヤバいし、国際展にあまり絵画が無いのは絵画を描く者としてヤバ い。
f0082794_16555185.jpg

良い絵が描きたいとは野心なのだろうか。
両方あるか。
[PR]

by uchiumiinfo | 2011-09-23 23:59
2011年 09月 22日

最新

自分が今考えているいちばん新しい部分で判断できないといけない。
f0082794_16525935.jpg

・ギャラリー檜plus:「東京への発信」
・inaxギャラリー1:愉快な家−西村伊作の建築 − 展
・inaxギャラリー2:黒崎香織 −SOMETHING TO SEE−展
・inaxギャラリーセラミカ:福岡さゆり 展 −時のかさなり 陶の断片−
・ギャラリー小柳:ビル・ビオラ展
・なびす画廊:庄司 敦子展
・LOOPHOLE:高橋大輔展
・ワンダーサイト渋谷:NEXT - TWS10年!
・アートフロントギャラリー:中岡真珠美- 柔らかな楕円形を求めて

川の水位すごい。
[PR]

by uchiumiinfo | 2011-09-22 23:59
2011年 09月 21日

クラッシュ

人は経験から引用して何事も判断するので、常に行動していなければならない。
f0082794_16494471.jpg

当たって砕けるつもりで行動しても、本当に砕けたらマズイ。
でも、絵画で砕けるて何だ?

台風で大風大雨。
[PR]

by uchiumiinfo | 2011-09-21 23:59