<   2011年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2011年 08月 31日

現代絵画とクリリン

鳥山明のマンガ/ドラゴンボールにクリリンというキャラクターがいる。
物語の初期から登場し、主人公の孫悟空と共に成長をするキャラクターで、重要な存在だ。
物語を通じて常に主人公孫悟空に寄り添い、ファンタジーの中に現実的な設定を盛り込む。
初期には一緒に修行をし、悟空の強さを強調する為の基準として比較される事や、悟空の無垢さと対比して人間くさいズルさや弱さを持ったキャラである事で、読者は悟空の目線で物語を読むだけはなく、クリリンの目線で物語を読む場面も度々あるというような愛されるキャラだ。
悟空の突き抜けた行動をクリリンは人間の目線で見守る。この事で、状況の解説や強さの指針としてのモノサシ的な役割、読者との架け橋的な役割を担ってきた。
後半になり、物語の中の敵がインフレして強大になるにつれて、悟空もどんどん強くなった。
最終的には主要なキャラクターはほとんど人間ではなく宇宙人であったという状況になっても、クリリンはその異常なインフレを取り込みながらあくまで人間であるという立ち位置に留まり、人間の中の最高峰の強さをもった者として描かれる。
突飛な強さの中でも等身大の目線が必要で、でもあまりに弱すぎるとその場にもいられないので、飛べる(舞空術)や気を飛ばす(かめはめ波)などができながらもクリリンは読者と同じ人間であった。

現在の美術のなかで、絵画はクリリンと同じような立ち位置にたたされていないだろうか?
舞台を語るためには必要なキャラで、変化する環境に応じて強くならねばならなくて、でも人間(美術)であることからは強く逸脱できなくて。。という推論。
とても好きなキャラだし、良い役だと思うけどね。
f0082794_5082.jpg

同じような作業をしているようで、その絵によって微妙にテクニックが違うんだなぁ…
[PR]

by uchiumiinfo | 2011-08-31 23:59
2011年 08月 30日

ループ

本当の本当に絵画をするには絵画に住まないといけないのかもしれない。
他の何かから得たものを絵画へ還元するような感じではなくて、絵画から問題を得て、 絵画へ返し、絵画に喜びを得て、絵画へ返し、というように絵画に住み着くようにいられる人がいるのかもしれない。
好き嫌いは別に、草間彌生氏とか森村泰昌氏とかそんな感じはする。(事実は知らないけれど。)
ノっている作家もそんな感じがする事がある。
それだけでは立てないのか美術の面白いところだと思うけれど。
f0082794_4513122.jpg

単体で認識されるよりも、物語で認識される方が強い。
[PR]

by uchiumiinfo | 2011-08-30 23:59
2011年 08月 29日

不確か

確かなことなんてない。
「これで良いのか?」という疑問ばかりで制作している。
それがないと意味がない。
f0082794_21375770.jpg

意見が多いと動きが悪くなる。
船頭多くして船山に登る。
表現としての制約にもいくつも種類があり、それが反ると作業がとてつもなくやりにくくなる。
意外とそういうものってツマラナイ部分での制約が多い。
ツマラナイからこそ、やり易くしてくれたら楽なのに。
まぁいいけど。
[PR]

by uchiumiinfo | 2011-08-29 23:59
2011年 08月 28日

ほし

星を星形にデザインした人は、多少眼が悪かったんだと思う。
眼がボヤけるからギザギザにみえるので。
f0082794_2134239.jpg

視力が悪いから、眼鏡を外すといろいろな輪郭がぼやける。
絵では明るい色が暗い色を押し退ける。
どちらの色もボヤけているはずだけど、例 えば白い布地と青い絵の具では白い布地の色が膨張して他の色を押し退ける。
[PR]

by uchiumiinfo | 2011-08-28 23:59
2011年 08月 27日

以前どこかで

既視感に対する恐怖ってある。
その作品でなくともよい恐怖。
f0082794_9314935.jpg

美しさは前提だから、さらに何を?
[PR]

by uchiumiinfo | 2011-08-27 23:59
2011年 08月 26日

ぺたぺた

何度も画面に触るのがすごく重要なんだよね。
何回も画面を触ることで、画面が複雑になる。
下手したら、1日でできる仕事を二回に分けても良いくらい。
でも、それでは全体の作業量が減ってしまうので、例えば、2日にかけて作業するAとBという場所があったとしたら、それぞれをa、 a'、b、b'、と分けてしまい、1日目にaとb、2日目にa'とb'と作業する方が複雑にはなる。
面倒だし、もちろん一概には言えないけれど。
どうしても揺れてしまう身体と、そうしても融通が利かない身体をどのように意識的に操作するか。
きちんと意識的に作業が満たされた画面は、今しか生きられない自分が置いていかれる感覚がある。
f0082794_928595.jpg

美しさとは?
[PR]

by uchiumiinfo | 2011-08-26 23:59
2011年 08月 25日

ピカピカ

どんなにどんなに努力しても、それは作品の評価に全く反映されない事が、美術の良さを担保している。
ということは、作家は常に評価されなくなるという恐怖や不安に晒されることになる。
そして多くの作家にとってそれは負け戦となる。
輝きみたいなもので形造られるから、また良いのだろう。
f0082794_922747.jpg

・国立近代美術館:イケムラレイコ「うつりゆくもの」
・ブリヂストン美術館:『没後100年 青木繁展 よみがえる神話と芸術』
・コバヤシ画廊:市川裕司展
・ギ ンザ・グラフィック・ギャラリー:グルービジョンズ【ggg】[ジー ジー ジー ジー]
[PR]

by uchiumiinfo | 2011-08-25 23:59
2011年 08月 24日

カタにはまる

何事にも型があり、その型を取り込む事が社会性。
そういうのは絵画にも彫刻にも映像にも映画にもあるのだけれど、それを意識しながら崩すのが重要。(歴史ともいうかな。。)
以前は踏めなかった場所がいつの間にか踏める事もあるだろうし、誰かが踏んだ事で余地が出来ることもあるだろう。
逸脱がいつの間にか範疇になることはよくあることだし、過ぎるとその分野とは外れてしまう事もあるし。
f0082794_1651130.jpg

・資生堂ギャラリー:辰野登恵子「抽象-明日への問いかけ」
・新宿高島屋美術画廊:松山賢個展「絵の具の絵」
デパートという商業的な側面のあるギャラリーで、それでもとても尖った表現だった。
攻め続けるって本当に難しい事なんだよね。
二次会にお邪魔した。
[PR]

by uchiumiinfo | 2011-08-24 23:59
2011年 08月 23日

創造

画面をリズムや作業じゃなく思考で埋めたいんだよね
もちろん最終的には行為、作業なんだけど
f0082794_15555911.jpg

「感情が乏しいから語彙が無くなったのではない。語彙が無くなったから感情が乏しくなった。」
という文章を読んだ。
必要な語彙が変わった、判断の基準が変遷した。
判断の為のツールも変わった。
美術にはそんな事が沢山あると思う。
[PR]

by uchiumiinfo | 2011-08-23 23:59
2011年 08月 22日

ポンと

納得だ。
納得したいんだな。
f0082794_1551539.jpg

弱者の強みで強固に出るのはやめたい。
[PR]

by uchiumiinfo | 2011-08-22 23:59