色彩の下

uchiuminfo.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧


2011年 07月 31日

武蔵野線

絵画という型にはまって中身がなかったらなんにもならないよ。型を自分でつくるんだよ。
自分で造った型ならば、また自分で造り変えられるんだよ。
f0082794_19413342.jpg

・埼玉県立近代美術館:エル・アナツイのアフリカ
なるほど、「エル・アナツイのアフリカ」というタイトルとおり、エル・アナツイのアフリカ論だった。
イロイロな角度からアフリカ論へ展開するヒントというかきっかけというかタグというか・・が散りばめられていた。
チラシ等のイメージよりもなんだか「上手さ」「巧みさ」が見えるような感じで意外だった。
入ろうとしたご飯屋がことごとく満席だった。
[PR]

by uchiumiinfo | 2011-07-31 23:59
2011年 07月 30日

不在感

分からなくなったら型の中で振る舞うのだ。
型は今まで自分が作ったものと、絵画そのものとがあり、具体的には身体をそこに置き手を動かすのだ。
f0082794_19352519.jpg

・ギャラリーSTAGE-1:絵・ようかい展
・ギャラリーK:稲垣真幸展
・ギャラリー椿:コイズミアヤ展
・ギャラリー椿2:小川陽一郎展
・メグミオギタギャラリー:ローレル・ロス
・新宿眼科画廊スペースS:堀越達人個展 「STRANGER IN PARADISE」
・新宿眼科画廊スペースM:塚副裕允+秋岡海平
・新宿眼科画廊 スペースE:「Cendrillon」 宮原瞳+瀧澤匠子 写真展
ヒノギャラリー移転してた・・。いつの間に。。
コイズミアヤ展はとても良かった。
脳内に引き釣り込まれた。

多摩美術大学校友会理事会。
[PR]

by uchiumiinfo | 2011-07-30 23:59
2011年 07月 29日

悪受け

四角は状況の最大面積なんだな。
f0082794_16205255.jpg

人生に意義なんぞ持つとロク、なこたァない。
人間なんてなァ、どうにも辻褄のあわないもの。
人間は生まれた時から周囲に“作られて”いく。「常識」を刷り込まれていく。
上手さのもっともっと上にある創造物がこの世にはある。
感動はさせても野暮。
落語なんて、そんなに払って聞くもんじゃないよ。自分の幸せをもっと考えなよ。
悪受けをしちゃったい。
ー 立川談志の本から抜粋

えぐられる。
上手いの上を感じて制作していきたいよ。
悪受け・・。正当に受けたいんだよね。
[PR]

by uchiumiinfo | 2011-07-29 23:59
2011年 07月 28日

渦中

絵画は固定化しすぎている
絵画とは何かという事と、今の絵画とは何かという事と、僕の考える絵画とは何かという事と。。
なぜ四角なのか?構図とは何か? 色彩は何か?そういうことをいちいち検証している。
f0082794_1617779.jpg

世代間の共有感覚は後で獲得される。
例えば、ビックリマンとかキン肉マンとかミニ四駆とか、はやりの曲とか、その時のムーブメントはその渦中にいる間は全貌が見えない。
後からそれらを獲得している。
[PR]

by uchiumiinfo | 2011-07-28 23:59
2011年 07月 27日

絵画感

絵画を絵画たらしめているものはその文化によってかわってくる。
絵画、構図/空間、素材。
f0082794_20553531.jpg

どのようにすれば作品になり、作家になれるかというものはなく、ケースバイケースじゃないのかな。
外部基準ではなく、作品を押し上げないといけないので。
ある人にとっては作品でも、ある人にとっては作品ではない。
ある人にとっては作家であり、あるひとにとっては作家ではないという事は普通にある。
何にしても、本人が造れる個体であることが必要だけれど。
[PR]

by uchiumiinfo | 2011-07-27 23:59
2011年 07月 26日

ゆれるともなく

・松戸森のホール21:「柳家小三治独演会」
「お菊の皿」柳家〆治
「金明竹」柳家小三治
〜仲入り〜
「あくび指南」柳家小三治
f0082794_20493245.jpg

次に展示するvoid+について、Ojunさんが
ただ置くだけで様にってしまう空間
だからそれだけではダメで、チャレンジを押す空間。
と言っていた。

チャレンジします。
[PR]

by uchiumiinfo | 2011-07-26 23:59
2011年 07月 25日

四角

絵画の画面内には相当量のキメ、ヌキ、タメのような操作があるけれど、それらは画面の面積が担保している。
空間で最大の面積を確保できるのは四角形だ。
理にかなってる。
f0082794_15304738.jpg

どうすべきかの狭間にいるのが通常の状態。
[PR]

by uchiumiinfo | 2011-07-25 23:59
2011年 07月 24日

鋭利

オリジナルであることは突き抜けることなんだろうね
凡庸なことでも突き抜ける。
具象作家のドキュメントを見ててそう思った。
f0082794_15255989.jpg

メディアは読者を鎮静させる情報を提供することができない。
[PR]

by uchiumiinfo | 2011-07-24 23:59
2011年 07月 23日

足利撮影

足利赤十字病院で作品撮影。
少し前まで台風きていたので、晴れて良かった。
新しい足利赤十字病院はベッドが約1000床もある大型病院。
コンビニやドトールなどもありとても明るい空間。
換気がしっかりしているのだろうか。撮影でウロウロしても病院特有の消毒などのにおいがしない。
天井も高く、宿泊施設と言われても遜色なく、むしろ少し泊まってみたい。
眺望もすばらしく、病棟内に入れば眼下に渡良瀬川と足利の町並みが見渡せる。
そんな病院内には至る所に作品があり、全ての個室に額装された水彩や版画の小品も飾られている。

作品を片っ端から撮影してゆく。
カメラバックを移動する等手伝いをする。
自分の作品もしっかり撮れて良かった。

お昼は鳥伊 支店でうなぎ。
川俣正、青木野枝、若林奮などの小品を見ながら食事ができる。

7時位までザクザクと撮影して終了。
駅前の庄屋で夕食をとって終電帰宅。
f0082794_1519457.jpg

お金が報酬ではなく、ああ今あそこに自分の作品があるのだなぁと思う事が報酬。
[PR]

by uchiumiinfo | 2011-07-23 23:59
2011年 07月 22日

♪♪

絵画は堅くなりすぎている。
例えば、計算式で途中の過程が無くても答えが導き出されているような感覚。
それがそれである前に何があったのかを崩して再度造りなおす。
f0082794_14591533.jpg

昔、芸術のに意味が無いのだとしたら、メロディ無しで歌を理解してみろみたいな文章を読んで、えらく納得した。
絵画なら何だろう?
色彩や形、状況無しで感覚を共有してみろーかな…
ビジュアル無しで感覚を共有してみろか。
[PR]

by uchiumiinfo | 2011-07-22 23:59