<   2011年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧


2011年 05月 31日

いとより

今は様々な動画が簡単に見る事が出来る。
同じタイトルの落語を色々な落語家で聞いてみる。
同じコントや漫才の舞台が違うパターンを見てみる。
時間や制約や解釈等を加えて、様々な試行錯誤をしている。
そして、切り貼りしながらベストを探す。
お笑いという感覚や空気のような物にはその場にしか正解がないので、手を変え品を変えトライしている。
クラッシックだって、美術だって同様だ。
f0082794_2521611.jpg

塩化ナトリウムのような淡白な味ではなく、醤油や味噌のような味の制作。
[PR]

by uchiumiinfo | 2011-05-31 23:59
2011年 05月 30日

余白

意識はその意識があるところでしか成立しないので、数学も美術も身体もその意識がある所で成熟する。
その成熟の度合いは、認識者同士の認識の齟齬から初めて認知される。
噛み合わなさの中に、認識外の余白がある。
認識を広げる為には、その余白にた対しての「気づき」が必要になる。
それが、何が分っていないかを理解する事に繋がる。
f0082794_2191661.jpg

下北沢に預けてあった作品の撤去。
作品は長いのだけれど、細いので現地で宅急便を頼む事に。
1時間くらいで梱包を終えてクロネコを頼んだら、2mを越えると町中を走る集配車に乗らないと言われる。
住宅街だと走っている車が小さいらしい。
佐川の集配所に連絡したら手配してもらえる事になり、約2時間後に来た集配車はまた小さい。
サイズは何度も言ったのに。。。
そこから再度車を手配してもらって、一時間弱ぼんやりして無事終了。
晴れて良かった。
都内の宅急便は事前連絡が必要だ。

魚を売りにしている居酒屋で本当に魚しか無いとビックリする。
[PR]

by uchiumiinfo | 2011-05-30 23:59
2011年 05月 29日

脱皮

見つけた文章。

ー結果をグラフにして、そこに線を引き、こんな傾向があります、というだけが考察だと思っていると、いつまで経ってもそのデータから抜け出せないよ、という話を学生にする。
そうなのだ、我々は「抜け出したい」のである。これを再確認しよう。実験がしたいのではない、実験なんかしなくても結果がすべて予測できる世界を夢見ているのだ。
実験結果の考察 (via kiyoya)

抜け出すには抜け出すべき物が何かを知らなければいけないし、それを外から眺めなければいけない。
移動する、移動させることが人の本質だという。
f0082794_1085623.jpg

・東京都江戸東京博物館:五百羅漢―増上寺秘蔵の仏画  幕末の絵師 狩野一信
すご。
異能だ。
数幅でお腹いっぱいになる。
完成の100幅を前に体調を崩して最後は弟子達が描いている。
最後まで自分で手を入れさせてあげたい。

大雨。
行動力が鈍る。
[PR]

by uchiumiinfo | 2011-05-29 23:59
2011年 05月 28日

くるくるつくる

量のない質はない
-森山大道

想像力がある限り、世界は完成しない
-シュヴァンクマイエル
f0082794_9491594.jpg

さみい。
絵の具乾かない。
冬もあまり使わなかった暖房をつけて乾燥促進。
[PR]

by uchiumiinfo | 2011-05-28 23:59
2011年 05月 27日

外で紡ぐ

絵画が形作っているもの。
自分の表現が形作れるもの。
その齟齬とはみ出しの認識と。
それには小さな違和感を忘れずに紡ぐしかない。
f0082794_2224328.jpg

行動をする段になって初めてそれは個人のものになるのではないかな?
思想とか宗教とか絵画とか。
頭にある段階では、それは他者の物かもね。
[PR]

by uchiumiinfo | 2011-05-27 23:59
2011年 05月 26日

足利設置

早朝作品をトラックに積み込む。
雨が夕方から降る予報だが、雲行きが怪しい。

作品を固定して設置場所まで運転。
通勤時間に捕まらない様に早めに出る。

トラックは搬入出にしか運転しないので、緊張する。
コンビニも駐車場が大きくなかったら寄らない。

10時前に到着。
小雨が降っていたが、荷降ろしの時には晴れている。
作品濡れなくて良かった。

作品設置の用意の間に建築内の他の作品をぐるっと見て回る。
大小200点も設置してあるので、駆け足で。

今回は高さ8m以上ある空間に、縦5mの作品を設置。
8m近くあるローリングタワー初めてみた。
建設現場なので、試しに登らせてもらう事は出来ないっぽい。
f0082794_2148143.jpg

パネル自体も重いので、慎重に掛けてゆく。
事前準備が入念なので、特に問題無く進行する。
大体7時間で完成。
レンタカーを返却して終了。
自分の作品を見るまで緊張した。
f0082794_2148149.jpg

・足利市立美術館:ブラティスラヴァ世界絵本原画展とチェコの人形劇
時間が少しあったので美術館に寄る。
その後、鳥伊支店でうなぎを食べようと思ったら定休日。
残念。
東武線で爆睡。
[PR]

by uchiumiinfo | 2011-05-26 23:59
2011年 05月 25日

ほうわ

情報が多すぎる。
コンプリートをするような感覚ではなくて、断片を集めて系統を生むような感覚。
ツイッターとか読み切れないし。
新しい表現の内容も蒐集しきれないし。
その不完全感の容認地点の差異。
世界感を構築しつくす必要の無い感覚。
それでも虫食いにそれぞれが選別して形作ってゆく。
もちろん、より良い情報を多く集められるのは有意義なことだけど。
f0082794_2129191.jpg

明日搬入なのでトラックを事前にレンタル。
集荷の行程の関係で自分で持ってゆく方が簡単だと判断したので。
作品の梱包。
自分で持ってゆくなら梱包も楽で良い。
ついでにパネル等も移動。
[PR]

by uchiumiinfo | 2011-05-25 23:59
2011年 05月 24日

まみくろ

重箱の隅をつつくいても大きな仕事はできない。
マクロに考えても作業はミクロなんで。
f0082794_21203888.jpg

散髪や振り込み。
どうしても足りない絵の具を追加しにダッシュする。
作業。
[PR]

by uchiumiinfo | 2011-05-24 21:20
2011年 05月 23日

砂礫

存在しない物とコミュニケーションをとることが出来る。
それが人の特徴。
経済とか文化とか絵画とか音楽とか。
f0082794_0563994.jpg

作業の詰め作業。
コマゴマイロイロある。
気になる所は全て直さないと心残りになってしまう。

膨大な作業は蟻の様に一粒一粒砂礫を運ぶ先にしか答えが無い。
[PR]

by uchiumiinfo | 2011-05-23 23:59
2011年 05月 22日

ドカ雨

その作業の美しさを理解する。
数学なら数学の、掃除なら掃除の、スポーツならスポーツの、絵画なら絵画の。
f0082794_0433555.jpg

昼すぎからドカドカ大雨。
車からコンビニまでの移動でもびっしょになる。
いたる所に水が溜まっている。
その大雨の中作品の説明。
足下お悪い中ご苦労様でした。
[PR]

by uchiumiinfo | 2011-05-22 23:59