<   2010年 11月 ( 32 )   > この月の画像一覧


2010年 11月 30日

再整備事業

大阪/千里中央
打ち合わせ。
建築って本当に個人の力を大きく超えているなと感じる。
出来上がる途中の建造物を観るのはとても楽しいし、体感として得る物がある。
企業のプロジェクトって本当にハンパない。
f0082794_20533455.jpg

蟻の集団はどれくらいの蟻の巣を造れるのだろうか?という話と
蟻一匹のポテンシャルでどれくらい穴が掘れるのか?という話と
ポテンシャルを上げた蟻が集団になるとどんな巣になるのか?という話と。

どんなに壮大な事でも、単位は個である事がとても面倒であり、難しくもあり、歯がゆくもあり、可能性を感じる事でもある。
[PR]

by uchiumiinfo | 2010-11-30 23:59
2010年 11月 29日

鉄板

日本はあらゆるものを日本化する。
輸入して日本化した物は定着する。
日本化出来なかったものは廃れる。
f0082794_2035467.jpg

猛烈片付け。
1000近い画像をタッチパネルで仕分けするのは辛い。
[PR]

by uchiumiinfo | 2010-11-29 23:59
2010年 11月 28日

相似

保守的な作家が自分のスタイルに固執しているのと、長い時間をかけて表現の凝縮を図る作家は時間の軸が大きく違う。
見た目は同じようでも。
人生は短いのでこれしか出来ないとかこれだけはどうにかしたいと絞る事も自然な選択だ。

イチローのバッティングは高校時代とバットを振っているという言葉では一緒だが、内容は違う。
将棋の創造性は棋符の暗記の中にある事でない事は明らかだ。
f0082794_1801177.jpg

制作。
[PR]

by uchiumiinfo | 2010-11-28 23:59
2010年 11月 27日

例えピカソの油彩作品でも、制作から80年経つと布がボロボロに劣化するようだ。
ピカソの作品であれば、湿度、気温等作品が保管される条件としては比較的良い場所に置かれる可能性が高いと思う。
しかし、それでも、経年による劣化は避けられない。
作品の保存、保管は文化的に急務だ。

そういえば最近自分の作品が劣化してしまう夢をよく見る。
f0082794_17532270.jpg

目的無く進む。
無益に進む意識。
[PR]

by uchiumiinfo | 2010-11-27 23:59
2010年 11月 26日

根岸

・路地と人:利根川友理  ドッジボール───スローモーション若しくは中座
・ギャラリー椿:山本麻友香展
・ギャラリー小柳:池田亮司展
・藍画廊:高橋俊文展
・なびす画廊:瀧田 亜子展
・Oギャラリー:小泉幸夫展
・Oギャラリーups:三好まあや展
・MA2ギャラリー:伊庭靖子展
f0082794_594618.jpg

講義。

大学時代の友人通夜。
[PR]

by uchiumiinfo | 2010-11-26 23:59
2010年 11月 25日

超絶

・ラットホールギャラリー:ロニ・ホーン展
・泉屋博古館分館:「幕末・明治の超絶技巧 展」
正阿弥勝義 「群鶏図香炉」かなりすごい。
村上隆氏の花が球状になっている作品はこの辺の引用なのかな?
・礫川浮世絵美術館:歌川国芳展<弘化期~文久元年>
・イムラアートギャラリー:三瀬夏之介 展「ぼくの神さま」
・モリユウギャラリー:藤原康博  記憶の肌ざわり
・スカイザバスハウス:宮島達男「Warp Time with Warp Self」
f0082794_452536.jpg

やらない理由を考える暇があったら、作業すればいい。
[PR]

by uchiumiinfo | 2010-11-25 23:59
2010年 11月 24日

テーヘン

被害的な位置にいることで、常にイニアシチブをとろうとする感覚。
経済的にも、文化的にも、知識的にも。
弱者に意図的に甘んじることで、包括的な目線を獲得しているという優越感をえる。
その理論ではそれらを得ることで居場所を失ってしまうので、その人は解決のために動かない。
f0082794_4111130.jpg

作業が膨大で終わらない。
個人の力は微弱だ。
[PR]

by uchiumiinfo | 2010-11-24 23:59
2010年 11月 23日

自分の手元に無いもの、現に無いもの、自分の持っていないもの、現在の自分とは違ったもの、自分に欠けているものを人は欲っしてしまう。
f0082794_3475622.jpg

[PR]

by uchiumiinfo | 2010-11-23 23:59
2010年 11月 22日

ちゃんぽん

雨。
f0082794_2505522.jpg

脳と身体とは求める物の質が違う。
頭で求める美味しい食べ物と身体が求める美味しい食べ物が違うように。
双方がミックスされて知覚する。
認識的な美しさとフィジカルとしての美しさ。
[PR]

by uchiumiinfo | 2010-11-22 23:59
2010年 11月 22日

文字や想像によって何度も自分を超えた世界に身を置く事が重要だ。
作品は身の丈からしか生まれないが、身の丈だけでは生み続けられない。
f0082794_3432584.jpg

[PR]

by uchiumiinfo | 2010-11-22 23:59