色彩の下

uchiuminfo.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2010年 01月 31日

地底人

・大谷資料館
栃木県宇都宮市大谷町にある大谷石の巨大地下採掘場。
以前から気になっていた。
街中の景色から大家石をふんだんに使っていて異様。
さらに採掘場付近はあまり観たことが無い風景。
水木しげる的。
資料館はかなり良かった。
ローカル博物館色が色濃いが、その採石場の圧倒的な存在感にはかなり打たれた。
・大谷寺:大谷観音
石を掘り出しだ千手観音
めちゃくちゃカッコいい。
平安時代に出来たらしい。
・大谷平和観音
全長は88尺8寸8分(26.93メートル)。末広がり。
採掘場と掘り出し千手を観た後だと、この大きさでも存在感が霞む。
f0082794_17213786.jpg

館林美術館にも回りたかったけれど、途中で調べたら16時半閉館。早い。
17時半なら間に合ったのに。。

近かったのでみんみんと正嗣で餃子。
正嗣の方が好みだったけれど、焼き餃子、水餃子意外に何もメニューが無い。
ライスも無い。
ストロングスタイルだ!
[PR]

by uchiumiinfo | 2010-01-31 23:59
2010年 01月 30日

うながされ

社会的要因によって僕はこのように考える。
この社会的要因の部分を理解しないと。
f0082794_17185116.jpg

[PR]

by uchiumiinfo | 2010-01-30 23:59
2010年 01月 29日

求め

求めるものは物質としては変遷するが、本質としては共通する
f0082794_177942.jpg

[PR]

by uchiumiinfo | 2010-01-29 23:59
2010年 01月 28日

たわー

第一生命ギャラリー:みやじけいこ展
高橋コレクション:荒木経惟 + 舟越桂 「至上ノ愛像」
資生堂ギャラリー:曽谷朝絵
フランス大使館:No Man's Land
児玉画廊:児玉画廊コレクション イグノア・ユア・パースペクティブ 9
山本現代:大竹司個展[ビニル]
ナンズカアンダーグラウンド:Group show [ CORNER ] Alexander Gelman / Paul Davis / Toast Girl / Yuichi Yokoyama
YOKOI FINE ART:前原冬樹 "いろはにほへどちりぬるを"
f0082794_1721251.jpg

すごく歩いた。
フランス大使館のイベントは情報が多すぎて、ネットを可視化しているようだった。判断不可。
日本人が多く展示している棟はあの状態でもホワイトな感じでギャラリーのような体裁を保とうとしている感じが、もはや滑稽なほどだった。日本人の国民性なのかな。。
[PR]

by uchiumiinfo | 2010-01-28 23:59
2010年 01月 27日

夜見る夢を自分の経験としてしまったほうが良い人生ではないかと思う。
夢をほとんど見ない。もしくは覚えていない。
f0082794_1735984.jpg

[PR]

by uchiumiinfo | 2010-01-27 23:59
2010年 01月 26日

じょじょじょ

美術を信用できないのは、美術から得られる物に対して確実性が低いためだと思う。
美に携わる者から、もしくは作品から得られるの物が確実性の高いものであればそれが保証となるのだが、それを構築し続けるのはとても困難だ。
それは、美に携わる者の飽くなき探求と良い作品を生み続けるという責任によってじょじょになされるとおもう。

たとえば、「お笑い」というものが「面白い」ということは長い芸能の体系で多くの日本人に周知になっている。
これは長い間芸人が「面白さ」を提供し続けた結果だと思う。
しかし、ある芸人一人(一組)をとって、お笑いのすべてを与え続けられるかと考えると確実性に乏しいと思う。
個人責任、全体責任。
道のりは長い。
f0082794_17242342.jpg

[PR]

by uchiumiinfo | 2010-01-26 23:59
2010年 01月 25日

誘引

我(ガ)というのもがどれほどまで我なのかはわからない。
絵の選別はどこまで個なのか。
自分を導くもの、環境に多くの意識は規制されてしまう。
自分の選択している美意識は何に誘因されているんだろう?

美術以外の美意識はどうでも良い。
今日カレーが食べたいかハンバーグが食べたいかとかはどうでも良い。
f0082794_17275943.jpg

[PR]

by uchiumiinfo | 2010-01-25 23:59
2010年 01月 24日

つぎ

次が始まっている。
制作の終わりに向かうこと(前進する事、移動すること)が大切なのだが、常に次、次がが始まっていて、それを造りたい、観てみたいという感覚がある。
作家は次を感じているから、もしかするとその未来作ともバランスをとっているかも。
f0082794_172346.jpg

[PR]

by uchiumiinfo | 2010-01-24 23:59
2010年 01月 23日

妄信夢

何かに価値を見いだし、それに盲信し続けることができたら、それは幸福なことだとおもう。
しかし、それを外部の眼から見て不安を覚えるのは、その人が妄信から覚めてしまった時の絶望する姿を想像するからじゃないかね?
f0082794_1793816.jpg

[PR]

by uchiumiinfo | 2010-01-23 23:59
2010年 01月 22日

特質

能力って単一的なものではいので、何かが足りない事は問題ではない。
根気なのか、思い切りなのか、慎重さなのかは分からないが、何でもよいから使って突破するしかないのでしょう。
f0082794_17152494.jpg

[PR]

by uchiumiinfo | 2010-01-22 23:59