<   2009年 08月 ( 25 )   > この月の画像一覧


2009年 08月 31日

国宝ダッシュ

ようやく展示から開放されたので、午前中折りたたみチャリ観光。
・イムラアートギャラリー:染谷聡展「御獣 〜おけもの〜」
京都ならではの制作な気がする。
・下鴨神社:糺の森がとても良かった。
神社自体も造りが低い感じで良かった。
有名でゴージャスな背の高いお寺もすごいけど、ここは清潔な感じが好感触。
・承天閣美術館:相国寺 金閣 銀閣名宝展
まず庭がすごい。自転車でこんな所走って良いのかね?
展示もかなり名品ぞろいでびっくりした。
あまり知らずに入ったけれど満足。
京都はこの土地の延長上で何気なくこんな展示が見られるのがすごい。
f0082794_3131940.jpg

ギャラリーへ帰るために、でかい二条城の外側を自転車で大回りしていたら、二条城の中を普通に自転車が走っているのを発見。細かい砂利がひき詰められているけれど、入れるのだと知って内部へ。
多分本丸と思われる建物の外壁がメッチャクチャ長かったので、一応一周ダッシュしてみた。
砂利に足を取られるので、思うようにスピードが出なかったが、4分強かかる。
すごい広さ。
時速30Kmとして1辺500m!時速20Kmでも1辺333m!
マジで?徳川家の偉大さを肌で実感。
本丸だけの大きさが調べられなかった。
正確な大きさが解る人教えてください。
内部が見たかったけれど、時間が無くて断念。

ワラビもちを食べて午後は会場撮影。
ワラビもちは、きな粉が沢山残るのがちょっと悲しい。
撮影は8時間弱かかった。
疲労。
[PR]

by uchiumiinfo | 2009-08-31 23:59
2009年 08月 30日

アンバランス

展覧会最終日。
展覧会は驚くほど一瞬で過ぎてしまう。
例えその期間がどれほど濃厚であろうとも。

eN artsは奥が深いので、お客さんの滞在時間が比較的長い。
誰かがウロウロ観ている間にまた誰かが着てウロウロするという感じ。
夕方昼食を買いにコンビニへ走ると、帰りにはもう誰かが居る感じで、とてもありがたいと思った。
f0082794_233651.jpg

eN artsの個展ボイジャーは空間に引きずられてかなり多方向にチャレンジしている。
これも3つの個展を同時期に頂いた為に実現できた事で、とても感謝している。
タイトルも作品の方向も違う向きに投げた展示がまた自分の制作に帰って来るよう努力したい。

メチャクチャ疲れたので、食事をした後飲み屋のテレビで選挙速報をタラタラ観た。
その後、マンガ喫茶のTVで結構遅くまで選挙番組を見た。途中何度も眠ったが、目覚めるたびにバンザイが流れていて、時間が判らなくなった。
深夜ギャラリーに帰るために、ライトアップされた八坂神社の門をくぐる時、京都にいる自分がとても不思議だった。
何匹もの子猫が親猫を追って植木の中へ飛び込んで行くのが印象的だった。
[PR]

by uchiumiinfo | 2009-08-30 23:59
2009年 08月 29日

地盤看板

京都。
午前中案内。
金閣寺。
竜安寺。

なんか修学旅行生が多い。
高校生はダラけていて視界が狭くてイラッとする。
秋に向けてなのかお寺に工事が多い気がする。
京都のシーズンは夏ではないから、修学旅行生が多いのかな。。
f0082794_241678.jpg

展示が終わって八坂神社の門に行くと民主の前前原代表が講演していた。
観衆が多くて、地盤が硬いのねと思った。

20時まで開いているstudio 90という場所へ展示を見に行こうと思い、18時25分頃とりあえず京都駅へ向かう。
道が混んでいて京都駅まで30分くらいかかる。バスの時間表を見ると、1時間に1本しか走ってなく、30分ほど待たないといけない。携帯で目的地の最寄駅を検索すると急行で7分位。そこからもバスなので、夕食を食べて30分待ち。
バスに乗り込み降りるバス停を調べると、なかなか見つからない。なんと終点間近のバス停で、何駅行くのって距離。調べた電車で7分に惑わされた。途中で降りてタクシーかなと思っている間に暗い道に入ってしまい、それも無理。
地図では最寄バス停から5分なのだが、そこに着いたのが19時55分。電話を入れて開けておいてもらう。
同じ京都内なのにちょっとした旅行くらい時間かかると思った。
阪急東向日またはJR向日町からタクシーが良いかも。

studio 90は 泉洋平 田中真吾 森川穣 の3氏による制作スタジオで、その1角をギャラリー状に囲っている。
自分の作品を展示した状態で確認したり、展覧会を企画したりしているようだ。
今回はスタジオ作家の田中真吾氏の展示で、以前eN artsでも展覧会をしている。
お互いに作品についてのコメントを書いたリーフレットを作成したりと、制作が人に浸透する為に大切な事を実践されている。
展覧会はとても実験的なものだった。
田中氏自身が火を扱う作家でもあるので、おそらく自分で観て確認したかったのだろうと思った。
考える事ややりたいことは制作よりもどんどん先に行ってしまうので、こういう確認と実験を交えるような事は大切だと思う。
あと、森川氏はあの若さで異常に展示を観ていてすごい。

studio90:田中真吾「灯に照らされた闇」
2009年8月29日(土)~9月27日(日)
13:00~20:00
土・日のみオープン
9月21,22,23日は要予約

帰りは駅まで歩いて送ってもらう。
「登る為の苦労は苦労と思わず出来る」という言葉を思い出した。
[PR]

by uchiumiinfo | 2009-08-29 23:59
2009年 08月 28日

おひとり等伯

京都。
午前中案内。
八坂神社
知恩院
f0082794_15505963.jpg

両親が展覧会を見る。
家族は制作に対してかなり特殊な存在だ。
僕と絵画よりもずっと長いので。

すこしお客さんに間がある時に、自転車ダッシュで知積院へ。
長谷川等伯の障壁画がある。
最初人がわさわさいたのだが、ある時、数分間作品がある空間に僕だけになった。
絵画は目にノイズが無い状態で観るに限る。
眼福。

こんな近くに重文、国宝があるなんてすごい環境だなぁ。
京都で展示する事の恐ろしさを実感。

・アートスペース虹:三輪岳史展
[PR]

by uchiumiinfo | 2009-08-28 23:59
2009年 08月 27日

観光

京都。
両親を案内。
三十三間堂
法観寺
清水寺
六波羅蜜寺
f0082794_15355991.jpg

歩きまくり。
[PR]

by uchiumiinfo | 2009-08-27 23:59
2009年 08月 25日

亀仙人

夕方の打ち合わせまでウロウロする。
東京も暑い。

S打ち合わせ。
制限の無い仕事も、制限のある仕事も勉強になる。
f0082794_1362255.jpg

重い荷物を持ってウロウロするのはとてもしんどい。

MA2 Gallery・"My story"
ArtJam Contemporary・たけむら千夏『2つのふし穴』
magical, ARTROOM・栗山斉個展『∴0=1 -prelude』
hpgrp GALLERY東京・元田久治展
新生堂・山本あき展
スパイラルガーデン/1F・2009 The Artists Who Love Mickey Mouse & Minnie Mouse
[PR]

by uchiumiinfo | 2009-08-25 23:59
2009年 08月 24日

即断

尼崎に行く。
ダウンタウンの生まれた場所だ。
京都では歴史上の人物や絵師を思い出すけれど、それと並列にダウンタウンもいるのが現代の脳みそだ。
偶然尼崎総合文化センターで白髪一雄展がある事を知り、月曜日に閉まっていない事と週末にあまり展示を見られなかった事が気になって見に行く。
阪神電鉄は甲子園の音楽(栄冠は君に輝く?)が流れる。あと、運行中車内灯が消える。
f0082794_11371428.jpg

尼崎市総合文化センター美術ホール・白髪一雄展 -格闘から生まれた絵画-
展示状況はかなり厳しい。
ノイズが少ない場所で見る方がより見やすい作品なんだと再確認。
初期の作品はタイトルが北斗の拳みたいだ。
画面がドカドカしていて面白かった。
階下に制作ドキュメント映像が流れていて神獣という作品が完成するまでの一部始終が見られるのだが、この映像がなぜか不意にスローになったり、繰り返されたり、効果音がついたり、バックの音楽がおかしかったり、かなり目の離せない編集がしてあった。
さすがダウンタウンの故郷だ。
最後に作品が完成して一息ついている所になぜかスターウォーズのテーマが流れたときには、まさに宇宙だと思った。
ほとんどの作品が美術館収蔵されていて、幸福な作家なのだと思った。
作品の上に縄が1本しか無いから構図が似ているんだね。

意外に暑くて体力を削られたので、水都は涼しくなってからにしたい。
たこ焼きはうまかった。
[PR]

by uchiumiinfo | 2009-08-24 23:59
2009年 08月 23日

14

朝から少し動く。
ギャラリーに詰める。

暑さが大分和らいでいる。
8月から9月の気温って驚くほど急に変わる。
f0082794_112040.jpg

・京都芸術センター・少年少女科学クラブ「理科室の音楽、音楽室の理科」展TUNE/LABORATORIUM
現象を見せる展示。こういうの嫌いじゃないけど、この建物は展示場所までに味がありすぎる。
・shin-b・梅田哲也Solo Exibition「●(くろまる)」
なんで?という感じの展示。以前のアグネスの展示とあわせると余計に先が分からない作家。
ニシムラマホ「雲をつかむような話」

ex-chamber museumさんと展示をすこし見る。
なぜお互い京都で居るんだろうと不思議になる。
ex-chamber museumさんは折りたたみ自転車を関西に持ち込んでいるが、それは14Kgあるそうだ。。しんどすぎる!
すごい意思力だ。
↑写真真ん中は京都のex-chamber museum幕内さん。

「おおきに」と言われると関西にいるんだなと思う。
鳥食べてたらたら寝てしまう。
[PR]

by uchiumiinfo | 2009-08-23 23:59
2009年 08月 22日

ヨーグルト

朝置きっぱなしのバッグを受け取りに堂島ホテルに。
ついでにシャワーを借りる。
これからフェアをする空間でシャワーとは。。不意に不思議体験。
ホテルを出るとき、入り口に行列ができていた。すごい。
f0082794_9444793.jpg

京都に移動。
ギャラリーに詰める。
関東からも多くの方が展示を見にきてくださって、とてもありがたい。
また、4年前の大阪個展を覚えて下さる方にも多くお会いし、展示って長い時間繋がっているのだと実感する。
こんな事は展示回数が増えた事で初めてわかることだと思った。

とても疲れていて、お客さんの切れ間に何度かうたた寝をした。
ギャラリーを閉めてからは少し歩いたけれどすぐに眠ってしまった。
[PR]

by uchiumiinfo | 2009-08-22 23:59
2009年 08月 21日

ハチノス

大阪へ移動。
アート大阪へ。
入場を制限しているので、去年とは比べ物にならないくらい見やすい。
不安になるほどだ。
とりあえず一周廻る。
f0082794_0565893.jpg

堂島ビエンナーレ2009
この様なタイプの展覧会では珍しいほど観やすくてとっつきやすい展示。
かなりテーマが重い作品もあり、映像系の作品も多いのだが、見ごたえがある好展示だと思う。

国立国際美術館:やなぎみわ 婆々娘々!
ほとんどの作品は写真美術館で見たのだが、それよりも安い値段でもっと多くの作品が見られてお得かもしれない。
ベネツィアビエンナーレに出している作品が今回の目当てだが、「ぐわぁぁぁぁぁぁっはっはっは!!」と叫んでいる感じ。漫画太郎のババァみたいな。

アート大阪のオープニングに参加。
酒が入ると即眠気が襲ってきた。
うつらうつらしながら朝方ダウン。
レッドマンという店でスメリーの絵を見た。
こんな事をしてるのね。
誰でもピカソを思い出した。
女子のキックでガラスが割れる事を知った。
超疲労。
[PR]

by uchiumiinfo | 2009-08-21 23:59