<   2007年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2007年 06月 30日

すばらしい日々

「絵画によるすばらしい生活」という物があると仮定する。
絵画を描き続ける日々の事なのだが、ここで言う「絵画」は99%作業の事だ。
絵画は作業の終り。固定した物で、それ故の美しさを持つ物だが、「生活」という時間軸が入ると制作作業を想起させる。
作品を鑑賞評価する際、その「制作」までも織り込むべきでは無いと思う。
しかし、自分が制作をする以上、絵画と制作を切り放すのは難しい事も事実だ。
[PR]

by uchiumiinfo | 2007-06-30 23:59
2007年 06月 29日

すい

強行な日程で作品をピックアップ。

関東では粋をイキと言うが、関西はスイと言うらしい。
粋で無いことを無粋(ブスイ)と言うが関西はそのままね。

無粋だと何事も美しくならないので気をつけます。
[PR]

by uchiumiinfo | 2007-06-29 23:59
2007年 06月 28日

なにわ

大阪の友人が上京。
2年ぶり位に会う。
この友人のおかげで、僕にとって大阪の印象がとても良い。

東京を案内。
でも、僕も詳しくないので、彼の旨い物にビンカンな鼻に任せてウロウロする。
昼、夜と2回続けておいしい店を探り当てたので、僕はその鼻を信用するしかなくなった。
彼のチェックした店は、僕の眼にはあまり入りやすい店では無いのになぁ。


ヘンリー ダーガー 少女たちの戦いの物語ー夢の楽園
2007年4月14日〜7月16日
原美術館

事前に得ている情報から推測される内容よりも、ずっとあっさりしている作品だと思った。
おそらくとても意識的な人物と思われるデュマスの方がずっと狂気を感じる作品だったし、デュマスとダーガー双方を見ることでよりお互い理解し易くなる様な内容だったと思う。

「時光 -蔡國強と資生堂」
資生堂ギャラリー 

現象は美しい。
見せ方が上手。
船の形の作品をあのように使用したくなる気持ちが良く解る。
小室と大室のつなぎ+テラスからの視線を意識したらあの展示が見たくなるよ。
搬入大変そう。

須田悦弘展
あんな紙みたいに木を削ってよく持っているね。
今まで抱いていた印象よりさらに上手だった。

境澤 邦泰展
アートトレイスギャラリー
[PR]

by uchiumiinfo | 2007-06-28 23:59
2007年 06月 27日

数日DM封入作業。
記憶が無いので、誰に送ったかも定かでは無い。
[PR]

by uchiumiinfo | 2007-06-27 23:59
2007年 06月 26日

重ねる理由

絵の具を重ねる理由。

●絵の具一層では画布に油分が吸われて彩度が鈍い。
●下層が固い皮膜になって上に載る絵の具の形成がし易い。
●関係性を何度も修復できる。
●透明色を挟む等先を見越した色造りが出来る。
●絵の具のエッジが立つので筆跡の中の色等も際立つ。
●即興性から来る身体感、手癖を減らせる。
●薄い色材の層で堅牢になる。etc.

何よりも重ねないと出ない色がある。
こんな所かな。。

長期的に描くのは自分にとって重要で、数ヶ月~から続く感覚の繋がりの結果が今の絵画になっている。
[PR]

by uchiumiinfo | 2007-06-26 23:59
2007年 06月 25日

持っていかれる

絵を描いていて、「持っていかれる」という感覚に陥る事がある。
絵の具が綺麗なので、その操作をしているうちに感覚器とかが吸われている感じ。
持っていかれている時は気付いていなくて、持っていかれてると気付いた時にその感覚は消えてしまう。
その場所を後から見てもそうでもなかったりする。
[PR]

by uchiumiinfo | 2007-06-25 23:59
2007年 06月 24日

ブッチ

観たい展覧会をかなり諦めて制作している。
そんなこと事は正しくないのに。

雨がフットワークをさらに鈍くする。
[PR]

by uchiumiinfo | 2007-06-24 23:59
2007年 06月 22日

楽器と色

楽器の種類により、出る音色は違う。
音色により出来る楽曲も違う。
机を棒で叩く音で(楽器じゃない?)クラシックはやり難い。
「やる事は出来る」と「奏でる事が出来る」は別だ。
僕の絵の具の質で出来る事。
[PR]

by uchiumiinfo | 2007-06-22 23:59
2007年 06月 21日

温泉

レントゲン
作品にサインを入れに行く。

アートフロントギャラリー
浅見貴子 展 ―光を見ている―
2007年6月12日(火)~6月24日(日)

良い作品。
毎回良い作品だけど、毎回もっと量が見たい感じがする。
眼がすっとするまでもう少し作品を必要とする感じ。
もっと広い所で10点以上を観たい。

ギャラリエアンドウ
土屋 公雄 展
とても完成度が高い。
先日現代美術館の常設室に展示してあった月の様な作品も良かったし。


帰りは松涛温泉の前を通ったが、人ゴミと警察とマスコミでまだザワザワしていた。
まだ2日しかたっていないから。
[PR]

by uchiumiinfo | 2007-06-21 23:59
2007年 06月 20日

ゴミとり

空間に間のある作品を描こうと思ったら、パネルに貼ってある布に混入しているゴミが気になった。
生成りの帆布には必ず混入している物で、大きなタッチの作品でなら気にならない物だ。(厳密には気になっていたとは思うけれど。。)

ピンセットで除去を試みる。
30cm程度のパネルで、キリが無いから200個づつ。
かなり果てしない作業だった。
下は除去したゴミ。
ピンセットで取りマスキングテープに貼り付ける。
意味あるのだろうか?

f0082794_23282453.jpg

[PR]

by uchiumiinfo | 2007-06-20 23:28