色彩の下

uchiuminfo.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2006年 10月 29日

自己模倣

僕は基本的に丸い形の筆跡で絵画を制作している。
もう八年程(?)この制作なのだが、それは自己模倣か?
とても、線引きが難しいのだが、僕は当然自己模倣では無いと理解している。

自己模倣とは、「過去の自分(作品)を真似る事」と言うのが定義だと思われる。
しかし、僕は例え同じ動きをしていても「自分の前作よりも最善の」、もしくは「前作を補う」と言う意識で制作していると思う。
なまじ行為が「作品」や「筆跡」として残る事が見え方を混乱させるが、例えば野球のピッチャーが行う「投球」は自己模倣だろうか?
球を投げるだけとは言え、それは1球1球常に新鮮な試みではないだろうか?
過去の投球を目指しているのでは無く、積み立てた、もしくは与えられた現状に則して解答を出すべく、はた目には(少なくとも絵画の差異よりは)同じ行為である「投球」を繰り返しているのではないだろうか?
どちらかと言うと、制作を繰り返す事自体はそれに似ていると思う。
前作と次作との間でその作家(作品)がおかれた状況の変化を加味すると、同じ様に見える制作も差異が見えるかもしれない。

もちろん、繰り返す事で「予測する」や「全体を把握する」等の経験則等は増えてゆくけれど。
[PR]

by uchiumiinfo | 2006-10-29 23:59
2006年 10月 28日

過程と言っても

作品や個展は「自分の表現や思考を理解する過程」だと言っているのだが、これを「この展示は過程なんで次の作品を観てください。」という、今の作品を直視させない為の逃げだと思われたら心外だと思ってちょっと補足。

数学ではないから過程の先に答えがあり、それを目指している様な捉え方をされるとニュアンスを間違う。
ずっと絵画なり美なりを追う過程なので、もちろんその都度良い作品を制作する必要がある。(そうじゃないと「美を追う」に矛盾するし。)
過程のどこかで最も素晴らしい作品になる可能性は大いにある。
体力や柔軟性等を加味すると、今、現在の僕が生涯最も良い作品を制作しても全く不思議ではない。
だから、毎回最上の物を目指している。
とは言っても、老いても良い物作りたい。

取りあえずは目先のハードルを高く飛びます。
(もちろん、作品を長い時間軸で観る方が絶対面白いとは思うけど。)
[PR]

by uchiumiinfo | 2006-10-28 23:59
2006年 10月 27日

表現を捉える。

絵画や個展を一話完結の物と捉えるのがそもそもの間違いで、毎作品作品、毎個展個展に
続きと言うか補うと言うか、そんな一面がある。
だから、一生をかけた連載みたいな捉え方の方が正しいと思う。

絵画はバラバラに細分化して、色々な視点から一つ一つ理解してゆくしか無い物だと思う。
[PR]

by uchiumiinfo | 2006-10-27 23:59
2006年 10月 26日

目と目で通じ合う

清澄白河のギャラリーに行く。
小山登美夫ギャラリー、シュウゴアーツ、ゼンシ、タカイシイ。

東京都現代美術館で大竹伸朗「全景」を観る。
数が多い。
物量にやられた。


テレビをザッピング中に一瞬観た番組で、一人でご飯を食べている時と誰かとご飯を食べている時とでは二人での方がより脳波が活性していると言っていた。
情報を共有する際、多人数の方が確信を持ち易い等の理由で事物をより強固に理解出きる側面があるかも。(この場合「おいしい」という理解)。
人と情報を共有する事で理解する。
美術も同じだ。
今、「解らない」とか「難しい」が一般の共通理解だ。
だから、美術が解らないと言う事を恥ずかしげも無く言える。
美術は「美しい」と言う事が共通理解になれば良いな。
[PR]

by uchiumiinfo | 2006-10-26 23:59
2006年 10月 25日

抜ける様な空

何日も更新を怠ってしまった。
なんだかやる事が多くてはかどらない。
幾つか更新してみます。

絵画の、その一部の技術しか持ち合わせていない僕にとって、色々な表現を試す事は楽しい反面やはりもどかしい。
今制作を試している作品も難題が多い。


脳が硬化しない様にしたい。
しなやかに考えたい。


柿は葉よりも多くの実をつけている。
鳥は熟れた柿を選んで食べている。
[PR]

by uchiumiinfo | 2006-10-25 14:11
2006年 10月 24日

12月並の寒さと雨

美術の窓 2006年11月号P.127【今月の一品】に僕の作品「三千世界」が掲載されています。
書店で見かけたら観てみて下さい。
言葉が文字になるとやはり違和感。ニュアンスとか。。

あと、ブログはろるど・わーど さんで「三千世界」についてコメントがありました。
ありがとうございます。
[PR]

by uchiumiinfo | 2006-10-24 23:59
2006年 10月 23日

止むで!!

2005年に大阪の個展で大変お世話になった川島さんという作家から突然電話がある。
当時個展中に、安いと言う理由で危険な(と言われている。)地域に滞在していたのを見かねて、初対面の僕に宿泊場所として自身のアトリエを提供して下さったと言う大変な恩義がある作家だ。
しかし、基本的に現在展示案内等のやり取りしかしていないので、何だろうと思ったら「内海(ウチウミ)」と飲み屋の「海人(ウミンチュ)」を間違えて連絡されたとの事。ナニワのボケ!?
ついでに軽く話したのだが、
「今頑張っているし、波が来ているように見えるが、その波はピタッと止むで。」
と言われた。
こうもスパッと言い切るとは!とちょっと笑ってしまった。波って言う波も来てないし。
でも、意外と辛辣な様で、関西弁はそれを厳しくさせない。
関西弁だけでなく、やはり人柄にもよるか。
小さな波でもガムシャラに推進力にしろってメッセージに気持が晴れた。
[PR]

by uchiumiinfo | 2006-10-23 23:59
2006年 10月 22日

反復

小学生からの友人の結婚式に行く。
沢山の友人が結婚や出産をしているけれど、そのどれにも参加したことが無い。
現に常に展示が控えていたり、個展中だったりしている。
初めて時間が取れそうだと感じたので、にぎやかしに行く。

何度も何度も祝福するという経験が新鮮だった。
ああやって、繰り返し繰り返し意識させるんだね。
全ての事が祝いに向かう。
何だか妙に納得した。



制作も繰り返し「美しい」と発し続けなければいけないのだろう。
意識させられ続けなければ日常になってしまう。
[PR]

by uchiumiinfo | 2006-10-22 22:59
2006年 10月 20日

疲れた

展示をいくつか観る。

●ニューアート展2006 糸の布のかたち
@横浜市民ギャラリー
神奈川県横浜市中区万代町1-1
9/29(金)~10/22(土)

津田亜紀子さんの作品がかなり変化していた。
僕は津田さんの作品は好きなので観ているのだが、今回の変化は驚いた。
津田さんの様に展示の多い作家は少なからず出品する作品で実験的な試みや、展開をせざるをえないのだと思う。
それはとても難しい事だと思った。

監視員のおばさん(おそらくボランティア)が話しかけて来るので気が散った。
ボランティアは大いに使って良いと思うのだが、立ち居振る舞い等も教えるべきだと思うし、ボランティアをやりたい人もそれを望んでいると思う。

●TAMA VIVANT 2006 今、リズムが重なる みなとみらい展
@みなとみらい線みなとみらい駅地下3階コンコース
10/15(日)~10/22(日)

作品を観るにはかなり厳しい展示場所。
本当に展示をする場所なのだろうか?
さらに作品を監視する人(たぶん企画した学生)がずっとしゃべっていて、もう観る事は不可能だと思った。

●仲町WHITE
横浜が作家等アートに関わる人に安価で場所を提供している様だが、かなり厳しい。
悲しい気持ちになった。


●RX-cube cubic
ヴァイスフェルト
東京都港区六本木6-8-14コンプレックス北館3F
10/6(金)~10/27(土)日月祝休

青木克世さんの作品は前からみている。
カッコイイ。

MA2ギャラリー
松原健
空間が綺麗。写真に合ってる。

●MACAギャラリー
河口龍夫展
[PR]

by uchiumiinfo | 2006-10-20 23:59
2006年 10月 16日

街並み

大学時代の友人の展示を観た。
元気そうで何よりです。


昔(と言っても2年前位まで)よく通った青山近辺の道が、所々建て替え等で景色を変えていた。
それを観て(どんどん変化する様相を)、無意識に「絵画みたいだ」と思った。
思ってから、少しそう思った事を意外だと感じた。
と言う事は僕は、変化する過程その物も絵画として捉えているのだろうか??


夜、次の作品の打ち合わせ。
OAZOで本購入。
[PR]

by uchiumiinfo | 2006-10-16 23:59