色彩の下

uchiuminfo.exblog.jp
ブログトップ

2006年 04月 25日 ( 1 )


2006年 04月 25日

展覧会初日

個展初日。
アートワークスギャラリーは立地的に平日よりも休日の方が来廊者が多いと言う事なので、初日だけど会場撮影をした。
作品が大きいので平面作品と言えども空間を撮影する様に撮って頂く。
撮影する空間も限られているので、アングルの選択肢もかなり少ないのだが、それでも悩む。
角度や高さを変えて3カット撮影。

今日の天気は荒れていて、撮影開始時には大雨だったのだが2、3カット目には日差しが差していた。
絵画に直射日光が入っているところを撮りたかったので、とても良かった。

僕が在廊していない時は画廊の福島さんに作品の質問があるので、作品について話をした。
「美しい絵画が描きたい云々。」という話をした所、「美しいだけで良いのか・・?」というニュアンスの返事があったので、それに回答すると、美しくない作品を作りこむという事は不可能な事だと思っている。
美しくない作品を作りなさい。という命題があったときに、ササッとチャチャッと描いたような作品を作り「美しくない絵です。」と出すのでは無く、描き込んで制作した場合どうしても「美しい」の方向に向かうしか無いと思う。

と言う事は「美しくない作品」と言うのは文字や概念の中だけにある物で、実際には存在しない物だと考えられる。
美しくない作品に向かうという事がありえ無いのであれば、もうそんな事は考えずに美にだけ向かえば良いと思う。
だから、「美しい絵画が描きたい」なのだ。
[PR]

by uchiumiinfo | 2006-04-25 23:50