2008年 03月 01日

情報08-03

小作品の出展です。
高校生から。さらにそれより前から展覧会に触れる機会があるのは良いですね。

水戸芸術館
高校生ウィーク
CAFE PROGRAM カフェ「1 to 1」


ひとりひとりの顔を見て声をかけられる場所。それぞれがおもいおもいの時間を過ごし、そして人とつながることができる場所。今年のカフェは「1 to 1」(ワン・トゥー・ワン)と名づけました。
期間:2008年 3月 6日(木)~ 4月 6日(日)
開場時間:火~金15:00~18:00土・日・祝/13:00~18:00
会場:水戸芸術館現代美術ギャラリー内ワークショップ室
入場料:一般の方はギャラリー入場券が必要です。
*休日は展覧会に準じます。
セルフサービスのカウンターにお茶を用意しています。
展覧会の鑑賞の合間にゆっくりとお過ごしください。(無料)
高校生ウィークブログ
同時開催:宮島達男展|Art in You

アートワークスギャラリー(水戸芸術館から徒歩1分)
A r t l e s s A r t 展
3月11日(火)~3月23日(日)   3月17日(月)は休廊

作家の作品が高校生に貸し出され、10日間、高校生の自宅に展示される。高校生は作品と過ごした日常を文章にし、会期中はそのレポートと作品を同列に展示する。来場者がそれを鑑賞することにより作品を介しての連鎖を生み出そうとすることを試みる展覧会。参加生徒は茨城県立水戸第一高等学校、茨城県立水戸第二高等学校の生徒20名。
出品作家:浅野はま江、石田泰道、稲葉朗、内海聖史、太田泰助、塩谷良太、鈴木奈津美、鈴木理恵、高鳥達明、武石堯、竹江都志子、立原裕子、中崎透、中村義孝、塙裕子、前川秀樹、槙野さやか、間島秀徳、村上孝子、毛利元郎

また今展は水戸芸術館現代美術センター教育プログラム「高校生ウィーク」との連携企画であり、出品作家の小品を3月6日~4月6日まで水戸芸術館現代美術センター内カフェにも展示する。

協力:茨城県立水戸第一高等学校、茨城県立水戸第二高等学校、水戸芸術館現代美術センター
[PR]

by uchiumiinfo | 2008-03-01 23:59 | 展覧会・情報・News


<< 飛躍しない      池 >>