色彩の下

uchiuminfo.exblog.jp
ブログトップ
2018年 01月 07日

mimic paintings あと1週間

擬態する絵画。mimic paintings というタイトルで展覧会をしているが、これはシェイプドキャンバスを違和感少なく認識する為の導入ともとれる。
絵画自体の道理と、その絵画を認識する身体側の道理は異なる事が多い。
絵画自体の道理であれば、絵画は平らに展示されるべきなのかもしれないが、身体は平滑な面をコピー機のように端から端まで認識することは困難で、もしかしたら今回展示したように波打つように認識しているという感覚がある。
個展終了まであと1週間です。
f0082794_9192317.jpg
内海聖史 個展 「mimic paintings」
六本木ヒルズA/Dギャラリー
https://art-view.roppongihills.com/jp/shop/adgallery/700/index.html
2017年12月15日(金)〜2018年1月14日(日)
12:00~20:00 会期中無休

[PR]

by uchiumiinfo | 2018-01-07 00:00


<< 「描く」と「塗る」について      圧縮 >>