2015年 10月 07日

ボトルメールを受け取って。

表参道近くにあるvoid+にて、笠原出さんとトークを行います。
「ボトルメールを受け取って。」(企画:岡里崇)
小作品を持ち寄り、作品や近況についてトークします。
お時間ございましたらご高覧ください。
内海聖史
f0082794_1529967.jpg

撮影:加藤健

ボトルメールを受け取って。
<イベント概要>
タイトル:「ボトルメールを受け取って。」〜内海聖史×笠原出アーティストトーク〜
日時:10月7日(水)19:00〜20:30 *18:45受付開始
会場:void+(東京都港区南青山3-16-14 1F) 
http://www.voidplus.jp/
申込:当日受付
料金:ドリンク代500円

<コメント>
まわりにガンガンぶつかりながら、私たちは小船で大海に漕ぎ出した。
ふと気がつくとまわりに船影はなく、みな違う島を目指していることに気がついた。
美術の海はあまりに広い。あの人は今どこを漕いでいるのだろうか?
                (内海聖史)

 内海聖史と笠原出、二人の作家が新作の小品数枚を会場に持ち込み、その作品について、また最近の制作姿勢について語ります。
 内海聖史は、「2011年void+の個展以降、現在開催中の展覧会に至るまでの、作品と空間との関係性の変化について」、笠原出は「近年の一連の発表の中での形態の変化(立体→平面)」「近作の『ふわりんぼ』シリーズについて」などについて語ります。
 皆様のご参加をお待ちしております。

<作家略歴>
内海 聖史
1977年 茨城県生まれ
2002年 多摩美術大学大学院美術研究科修了
2004年 「MOTアニュアル2004私はどこから来たのか/そしてどこへ行くのか」東京都現代美術館(東京)
2007年 「第1回shiseido art egg『色彩に入る』」資生堂ギャラリー(東京)
2008年 「風景ルルル〜わたしのソトガワとのかかわり方〜」静岡県立美術館(静岡)
2011年 「シンプルなゲーム」void+(東京)
2015年 「6つの個展」茨城県立近代美術館(茨城)

笠原 出
1969年 静岡県生まれ
1994年 東京芸術大学大学院美術研究科漆芸専攻修了
2001年 「FLUFFY FLUFFY」ミヅマアートギャラリー(東京)
2004年 「カフェ・イン・水戸2004」水戸芸術館(茨城)
2011年 「カフェ・イン・水戸2011―かかわりの色いろ」水戸芸術館(茨城)
2013年 「ふわりんぼ」Art Center Ongoing(東京)
2014年 「ふわりんぼ/トリートメント」TRAUMARIS|SPACE(東京)
[PR]

by uchiumiinfo | 2015-10-07 00:00 | 展覧会・情報・News


<< 展覧会 10/18(日)まで      10/18まで >>