色彩の下

uchiuminfo.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 01日

情報201106

馬喰町にありますレントゲンヴェルケが20周年を迎えるという事で、下記展覧会に参加いたします。
お時間ございましたらご高覧下さい。

「掌(たなごころ)10」
■会期:2011年6月3日(金) -25日(土) ※日月祝日定休
■会場:ラディウムーレントゲンヴェルケ     
    東京都中央区日本橋馬喰町2-5-17 03-3662-2666
■時間:12:00-20:00(6月より営業時間を変更します)
■オープニングパーティ:初日19時より
■出展作家(予定):  青木克世/ あるがせいじ/ 石川結介/ 忽那光一郎/ 桑島秀樹/ 佐藤好彦/ 清水遼太郎/長塚秀人/ 長谷川ちか子/ 満田晴穂/ 児玉 香織/ 春山憲太郎/髙田安規子・政子/ 内海聖史

東京日本橋の古美術商の名店、瀬津雅陶堂の創始者、故瀬津巌氏が芸術新潮誌上で長く連載され、後に美しい本となったエッセイ集「掌の美」(1996、新潮社、絶版)がこの展覧会「掌TANAGOKORO」の発想の発端です。
恐らくは世界で唯一手の上で美術作品を玩ぶ民族である我々日本人。その特別 な感覚を現代美術に投影し、作家の精神と
コンセプトを凝縮しようとする試み、「掌(たなごころ)」展は、97年3月、青山レントゲンクンストラウムでスタートしました。その後レントゲンのスタンダードなグループ展として親しまれ、愈々10回目を迎えます。
今回は「掌」としては少々大きめですが、「レントゲン」の20周年にちなみ、20x20x20cm以内に封じ込められた作家のエネルギーをお楽しみ頂きます。
[PR]

by uchiumiinfo | 2011-06-01 00:00 | 展覧会・情報・News


<< レキシ      いとより >>